「 男子100m 」 一覧

日本人スプリンター、次なる100m〝9秒台〟は誰だ!?

2017年シーズンが終盤を迎えるなか、男子100mが〝記録ラッシュ〟に沸いている。日本インカレ(9月9日)で桐生祥秀(東洋大)が9秒98(+1.8)の日本記録を樹立すると、全日本実業団対抗選手権(9月

続きを見る

桐生が「9秒台」に到達できた理由と今後の可能性

日本人スプリンターが速報タイムを「9.99」で止めたのは、バンコク・アジア大会(1998年12月)の伊東浩司以来。そのときの公式タイムは「10.00」だったが、今回は「9.98」に変わり、福井県営陸上

続きを見る

なぜ日本人スプリンターは9秒台を出せずに準決勝で敗退したのか

ロンドン世界選手権で日本人スプリンターの9秒台はあるのか? 予選を終えた時点で、その〝期待感〟は十分にあった。夢の世界に最も近かったのが、18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)だ。

続きを見る

日本の男子100mに〝新時代〟到来 王者サニブラウンの可能性とは!?

誰が勝つのか!? かつてないほどのワクワク感が日本選手権の男子100m決勝には渦巻いていた。ロンドン世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破した5人のスプリンターは静かに〝勝負のとき〟を待つ。10

続きを見る

男子100mを制したケンブリッジの強さと9秒台の可能性

「日本最速」を決める戦い。今年は五輪トライアル。8人の選手たちが放つ独自の緊張感は、パロマ瑞穂スタジアムに集まった2万3500人を超える観衆にも届いたはずだ。小雨が降る中、カクテル光線に照らされたスプ

続きを見る

史上最高レベルの男子100m「リオ五輪代表」をゲットするのは誰だ!?

桐生か、それとも山縣か。はたまた別のスプリンターなのか。「9秒台」が目前に迫った男子100mの〝日本人対決〟は、6月24~26日に行われる日本陸上競技選手権でクライマックスを迎えようとしている。

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー