全日本大学駅伝の関東学連選考会、激戦を突破する9校はどこだ!?

公開日: : 箱根駅伝

6月18日(日)に全日本大学駅伝の関東学連推薦選考会が埼玉・浦和スタジアムで行われる。前回大会で6位以内に入った青学大、早大、山梨学大、駒大、中央学大、東洋大にはシード権があり、その他の関東枠は「9」。どの大学が通過するのか予想してみたい。

エントリータイム順(期限内1万m上位8名の合計タイム)は以下の通り。東農大が出場20校に届かず、かわりに筑波大が14年ぶりに参戦する。

①日本体育大(3.51.58.44

②東海大(3.52.17.98

③神奈川大(3.52.22.28

④明治大(3.53.30.70

⑤大東文化大(3.53.49.46

⑥順天堂大(3.54.05.34

⑦中央大(3.54.09.02

⑧國學院大(3.54.30.11

⑨東京国際大(3.54.54.37

⑩法政大(3.55.00.14

⑪城西大(3.55.01.53

⑫帝京大(3.55.19.60

⑬拓殖大(3.55.37.48

⑭国士舘大(3.55.59.36

⑮創価大(3.56.01.74

⑯日大(3.56.04.61

⑰専修大(3.57.29.34

⑱上武大(3.58.34.05

⑲筑波大(3.58.48.74

⑳亜細亜大(3.58.58.37

※エントリーの詳細は『関東学連サイト』でご確認ください。

個人的には、日体大、東海大、神奈川大、順大。この4校の通過は固いと見ている。日体大は1万m28分台の辻野恭哉と富安央を、東海大は関東インカレで活躍した春日千速、鬼塚翔太、館澤亨次を登録していないが、両校とも厚い選手層を誇る。「通過すればOK」というスタンスで、確実に走ってくるはずだ。

神奈川大と順大は前回まさかの敗退を喫しているものの、両校は最終組にWエースが控えているのが強み。特に神奈川大は関東インカレの躍進を考えるとトップ通過の一番手と考えていいだろう。

残りは「5枠」となるが、ここからが大混戦だ。明大は前回のシード校で、日大、拓大、帝京大、國學院大、大東大、国士大は前回の予選会を突破している。創価大も前回は最終組でムイルが途中棄権したものの、3組終了時で7位につけていた。今回のエントリータイムでは中大、東京国際大も通過圏内だ。正直、どこが通過するかを予想するのは難しい。

だが、あえて残り5校も選んでみたい。個人的な予想では、明大、國學院大、法大、帝京大、日大だ。

明大はエントリータイムが上位で、復調した坂口裕之が入る最終組も計算できる。國學院大と帝京大は全日本予選会の戦いを熟知しており、近年の失敗は少ない(大東大も同じだが、関東インカレの勢いが感じられなかった)。今回も通過圏内でしっかりとレースを進めるだろう。

法大は箱根駅伝から波に乗っており、坂東悠汰の充実も大きい。日大は前回2位で通過しているが、出走メンバーで卒業したのはひとり(石川颯真)のみ。ワンブィが控える最終組で大逆転が期待できるはずだ。

僅差で続くのが大東大、中大、東京国際大、城西大、拓大、国士大、創価大。このあたりまではチャンスがあると思っている。初夏のナイター決戦は何が起こるかわからない。どんなドラマが待っているのか。熱い戦いを期待したい。

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

箱根名門校の駅女ふたりが選ぶ「2017年シーズン〝推しメン〟トップ10」

学生ランナーたちの2017年シーズンが始まりました。今季注目すべき選手は誰なのか!? 箱根駅伝の名門

記事を読む

2016年シーズンも青学大が〝優勢〟の予感

関東インカレが終わり、各大学の「戦力」が見えてきた。2016年シーズンの学生駅伝はどんな戦いになるの

記事を読む

スポーツメディア関係者3名で『箱根駅伝 ドラフト会議』をやってみた。

プロ野球ドラフト会議の話題が盛り上がっている。そこで、「箱根駅伝」を想定してドラフト会議を行ったらど

記事を読む

箱根駅伝 ライバル校が王者・青学大に勝つための戦略を探る

第93回箱根駅伝は「3連覇」&「駅伝3冠」を目指す青学大がダントツのV候補。12月29日に「区間エン

記事を読む

アオガクが大本命の全日本大学駅伝 勝負のポイントは「1区」

10月10日に行われた出雲駅伝は青山学院大が悠々と連覇を達成。ライバル校が主力を欠いたとはいえ、アオ

記事を読む

高速化する東京マラソン 日本人ランナーの2時間6分台に期待!

大会2日前に行われたプレスカンファレンスは、例年以上の〝熱気〟に包まれた。その最大の理由は、男子招待

記事を読む

全日本を制するのはどの大学!? 出雲で負けたアオガクを大本命に推す理由

3年目ライターのMATSUです。10月9日に出雲駅伝、10月14日に箱根駅伝予選会が終わり、いよいよ

記事を読む

エースたちの早すぎる引退 箱根駅伝は選手を潰すのか!?

箱根駅伝がランナーたちをダメにしているのは!? と関係者の間では、前々から言われてきた。この春にもシ

記事を読む

箱根駅伝を諦めた男たちが手にした「成功」

キラキラした方向に引き寄せられるのは世の常かもしれない。皆が同じ方向を見ているわけではないが、世間の

記事を読む

箱根駅伝はどこに向かっていくべきなのか!? ランナーの〝経済的価値〟を考える

まもなく箱根駅伝がやってくる。今大会は「大会3連覇」&「学生駅伝3冠」を目指す青山学院大がダントツの

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー