ライター2年目の年収を暴露 はじめての確定申告は楽勝だった!?

公開日: : MATSU, スポーツライター, 原稿料, 収入

3年目ライターのMATSUです。先月までは隔週で「新米ライターの実情」を赤裸々に記してきましたが、4月からは月イチ(毎月25日)で投稿することになりました。これからライターを目指す方や、僕と同じような立場の方に、何かひとつでも役に立つ情報をお送りできればと思います。

さて、前回の投稿でさらっと触れたのですが、先月は人生初の確定申告をしてきました。よく分からない人のために簡単に説明すると、、、

確定申告・・・1年間(1月1日〜12月31日)に得た所得金額と、それにかかる所得税額を計算して税務署に申告すること

ということになります。よく駅や街中で「確定申告はお早めに」「青色申告はe-Taxで」というポスターを見かけると思うのですが、要はあれのことですね。

確定申告は経験したことのない者からすると、「あれってすごく面倒くさそうだよね…」「何だか難しそう…」と考えてしまいがちですが、実際にやってみた感想からすると、「あれっ、全然そうでもないじゃん!」というのが本音です。

確定申告について、簡単に僕が踏んだ手順を説明しますと、以下の通りになります(※白色申告のケースです)。

①1年間の業務に関係するレシートや領収書を集め、ざっと項目ごとに分類する。

②勤め先や1度でも仕事をした会社から源泉徴収票、支払調書が送られてくるので(1月〜3月上旬)、それらを集める。

③国税庁のホームページから「確定申告書等作成コーナー」へ行き、画面の指示にしたがって数値を入力する。

④入力し終わったら、「確定申告書B第一表」「確定申告書B第二表」などの書類データを印刷する(※家にプリンターが無い場合はコンビニのネットプリントでも可)。

⑤最寄りの税務署へ行き、必要書類を提出する。期限は3月15日まで。

細かい工程は「確定申告  手順」と調べればより詳しい情報が出てくるので割愛しますが、ざっとこんな感じです。青色申告だともう少し複雑だと思うのですが、僕は白色申告だったので、思った以上に簡単な印象でした。

※青色申告・・・青色申告特別控除65万円が取得できる代わりに、経理作業が複雑

※白色申告・・・青色申告特別控除が取得できない代わりに、経理作業の負担が少ない

なお、青色申告の方やパソコンに詳しくない方でも、直接税務署へ行き、スタッフに教えてもらいながら書類を作成することが可能。どちらにしても、必要書類さえ集めてしまえばどうにでもなる作業だと感じました。

あなただけの〝特別な1冊〟を作成します!

ではでは、2年目ライターの収入はどのくらいだったのかというと、確定申告書に記載された金額は諸々こんな感じです。

給与収入】1,417,310円

雑収入】834,780円

合計収入】2,252,090円

合計所得】1,457,278円

所得税額】48,950円

還付される税金】54,742円

ちなみに給与収入はアルバイトとしての収入(アルバイト代)、雑収入とは要するにライターとしての収入(原稿料など)のことです。合計所得は収入から必要経費などを差し引いた金額で、一般的にはこちらが〝手取り金額〟になります。

この収入金額についてですが、正直納得はしていません。その理由は以下の3つ。

①ライターとしての収入がアルバイト代を大きく下回る ※2016年の目標は「原稿料をアルバイト代と同じくらい稼ぐこと」だった。

②ライターとしての収入がたったの83万円 ※月換算だと約7万円。最低でも100万円には到達したかった。

③合計収入がたったの225万円 ※月換算だと約18万7600円。最低でも月20万円超えは果たしたかった。

フリーランスだと、どうしても会社員に比べて安定した収入が望めないので、たくさん仕事をこなすしかありません。20代半ばでも手取り20万円超えは当たり前だと思うので、少しずつこのラインまで近づけたいところです。

※なお、今回の確定申告で約5万円が還付金としてキャッシュバックされましたが、こちらは本来徴収されすぎた所得税なので、素直に喜んではいけない(とはいえ、フリーランスにとってはボーナスみたいなものなので、ちょっとうれしい笑)。

以上のことを踏まえ、2017年の収入面での目標は、①年収300万円(月換算25万円) ②「原稿料」が「アルバイト代」を上回る の2つに絞りたいと思います。

目標としては低いハードルだと思うので、ここは最低限クリアしたいところです。さらに4月からは新たなメディアで書かせてもらうことになったので、次回の投稿ではそのことについて詳しくお伝えしようと思います。

MATSUの前回投稿(毎月25日)

●MATSU 1991年生まれ、東京都出身。スポーツ専門誌の編集部でアルバイトをしながら、スポーツライターの道を模索中。中学・高校は陸上部で5000mの自己ベストは15分43秒67。大学はラクロス部。

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

スポーツライター志望者が専門学校で学べること

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。通っていた専門学校を3月に卒業し、この春から本格的にライター

記事を読む

「陸上競技」専門誌につながるルートを探せ!

大学を卒業して2年目。浦和レッズを追いかけるという仕事で、幸運にもライター・デビューを果たした僕は、

記事を読む

どうやってスポーツライターの「スタートライン」に立つべきか

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。今回は、専門学校のお話の続きです。前回の記事はこちらからご覧

記事を読む

新米ライターのリアルな「収入」

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。前回予告した通り、新米ライターがどのくらい稼げているのか、僕

記事を読む

リオ五輪の「銀メダル」数を当てた男が選ぶ大会ベストシーン

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。リオ五輪がとうとう閉幕しました。日本選手の大活躍もあり、連日

記事を読む

ライター〝0年目〟を振り返って

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。本日は3月31日の年度末ということで、僕の2015年度の活動

記事を読む

「スポーツライター志望」大学生の選択② ライターとして就職せずに、ライターを目指す女子大生【前編】

スポーツライターを目指しているENOKIです。2年ほど前から酒井政人さんの仕事のお手伝いをしてきまし

記事を読む

「スポーツライター志望」大学生の選択① 最初からフリーで活動するのか、それとも就職すべきか!?【後編】

中途半端な思いのままでは、就活も大学生活もタイムアップを迎えてしまう……。そんな焦りもあり、私は「サ

記事を読む

「ライター」と記した名刺をつくれば、誰でもライターになれるのだ。

スポーツライターになるには何をすべきなのか!? 6か月+3か月の夜間講座を終えた僕には、さっぱ

記事を読む

『未来のスポーツライター会議』はじめます!

『未来のスポーツライター会議』という参加者ディスカッション型の〝小規模スクール〟をスタートすることに

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー