東京五輪のマラソン代表選考「新方式」の是非 事実上の〝一発選考〟は強化となるのか!?

先日、日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン代表の選考方針を発表した。各新聞社の記事を読んだが、大手新聞社は各大会を共催していることもあり、「2枠は一発選考、1枠はタイムで選ぶ」という〝ポジティブ〟な論調で書かれている媒体がほとんどだった。しかし、現在の日本のレベルを考えると、事実上の〝一発選考〟になると思っていいだろう。

今回の選考では最重要選考会として新設される「マラソングランドチャンピオン(MGC)レース」で少なくとも2枠が選ばれることになる。従来とはまったく違う〝新方式〟となるが、まずは選考要綱を見ていただきたい。「本大会でのメダル獲得を目指し、最大限持てる力を発揮する『調整能力』と世界と戦う『スピード』を有する競技者から日本代表を編成する」という編成方針に基づき、以下の優先順位により、日本代表選手を選考することになる。

①   マラソングランドチャンピオン(MGC)レースの優勝者

②   MGCレース2位または3位の競技者の内「MGCレース派遣設定記録(男子2時間05分30秒/女子2時間21分00秒)を突破したMGCレース 最上位の競技者

③   選考基準を充たす競技者がいない場合、MGCレース2位の競技者

④   MGCファイナルチャレンジにおいて、「MGCファイナルチャレンジ派遣設定記録(2019年5月に発表予定)」を突破した記録最上位の競技者。ただし、MGCシリーズに出場(完走)、またはMGCレースの出場資格を有することを条件とする。

⑤   選考基準を充たす競技者がいない場合、選考基準を充たしていないMGCレース2位または3位の競技者

上記の要綱で気になるのが④だ。MGCファイナルチャレンジは男子が福岡国際、東京、びわ湖毎日。女子がさいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズとなるが、未発表のMGCファイナルチャレンジ派遣設定記録は、ロンドン世界選手権の派遣設定記録(男子2時間07分00秒/女子2時間22分30秒)に近い好タイムが要求されるはず。女子はともかく、男子は難しい。そのうえ、マラソンは気象条件、レース展開でタイムが大きく変わってくる。タイム以外は判断材料にならないことを考えると、MGCファイナルチャレンジで代表を狙うのはリスクが高い。有力選手は必然的にMGCレースで代表を目指すことになる。

続きを『THE PAGE』で読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

リオ五輪男子マラソン代表は誰に?「東京五輪強化枠」の導入を提案する

3月6日のびわ湖毎日マラソンでリオ五輪の男子マラソン代表選考会がすべて終了した。男女の日本代表は3月

記事を読む

リオ五輪マラソン代表、本当の〝期待度〟は!?

リオ五輪のマラソン日本代表が決定した。日本陸連が示していたマラソン代表の編成方針は、「メダルを含む複

記事を読む

名古屋で福士のリオ五輪を脅かすランナーは現れるのか?

すったもんだの末、福士加代子(ワコール)が欠場することで落ち着いた名古屋ウィメンズ女子マラソン。3月

記事を読む

エースたちの早すぎる引退 箱根駅伝は選手を潰すのか!?

箱根駅伝がランナーたちをダメにしているのは!? と関係者の間では、前々から言われてきた。この春にもシ

記事を読む

東京マラソン 日本人集団はなぜ序盤で外国勢に引き離されたのか!?

先日行われた東京マラソン、日本勢が序盤で海外勢に遅れる場面を見て、「なぜ付かないんだ!」と不思議に思

記事を読む

なぜ東京五輪を見据えなかったのか? 世界陸上男子マラソン選考の是非

3月17日に行われたロンドン世界選手権のマラソン日本代表選手発表会見。予定時刻になっても登壇者は現れ

記事を読む

登録選手16名が決まった第93回箱根駅伝 今大会のレベルは高いのか!?

12月10日、来年正月に開催される第93回箱根駅伝の「チームエントリー」が行われ、全21チームの登録

記事を読む

神野大地はマラソンで成功できるのか!? 取材をして感じたこと

神野大地(コニカミノルタ)をじっくり取材したのは2年ぶりのことだ。彼が「山の神」と呼ばれる前から取材

記事を読む

「山の神」から「マラソンの神」へ 神野大地が明かすデビューの戦略

充実のシーズンを過ごして、青梅マラソンで30kmレースも経験。社会人2年目を迎える神野大地(コニカミ

記事を読む

〝五輪マラソン最年長ランナー〟を生んだ珍しいルーティン

リオ五輪マラソンの日本代表が決まった。男女6名の顔ぶれを見ると、田中智美(第一生命)が28歳で、あと

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー