東京五輪のマラソン代表選考「新方式」の是非 事実上の〝一発選考〟は強化となるのか!?

先日、日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン代表の選考方針を発表した。各新聞社の記事を読んだが、大手新聞社は各大会を共催していることもあり、「2枠は一発選考、1枠はタイムで選ぶ」という〝ポジティブ〟な論調で書かれている媒体がほとんどだった。しかし、現在の日本のレベルを考えると、事実上の〝一発選考〟になると思っていいだろう。

今回の選考では最重要選考会として新設される「マラソングランドチャンピオン(MGC)レース」で少なくとも2枠が選ばれることになる。従来とはまったく違う〝新方式〟となるが、まずは選考要綱を見ていただきたい。「本大会でのメダル獲得を目指し、最大限持てる力を発揮する『調整能力』と世界と戦う『スピード』を有する競技者から日本代表を編成する」という編成方針に基づき、以下の優先順位により、日本代表選手を選考することになる。

①   マラソングランドチャンピオン(MGC)レースの優勝者

②   MGCレース2位または3位の競技者の内「MGCレース派遣設定記録(男子2時間05分30秒/女子2時間21分00秒)を突破したMGCレース 最上位の競技者

③   選考基準を充たす競技者がいない場合、MGCレース2位の競技者

④   MGCファイナルチャレンジにおいて、「MGCファイナルチャレンジ派遣設定記録(2019年5月に発表予定)」を突破した記録最上位の競技者。ただし、MGCシリーズに出場(完走)、またはMGCレースの出場資格を有することを条件とする。

⑤   選考基準を充たす競技者がいない場合、選考基準を充たしていないMGCレース2位または3位の競技者

上記の要綱で気になるのが④だ。MGCファイナルチャレンジは男子が福岡国際、東京、びわ湖毎日。女子がさいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズとなるが、未発表のMGCファイナルチャレンジ派遣設定記録は、ロンドン世界選手権の派遣設定記録(男子2時間07分00秒/女子2時間22分30秒)に近い好タイムが要求されるはず。女子はともかく、男子は難しい。そのうえ、マラソンは気象条件、レース展開でタイムが大きく変わってくる。タイム以外は判断材料にならないことを考えると、MGCファイナルチャレンジで代表を狙うのはリスクが高い。有力選手は必然的にMGCレースで代表を目指すことになる。

続きを『THE PAGE』で読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

箱根予選会 中大復活の裏にあった苦悩と努力のドラマ

「3位、中央大学」のコールが響くと、選手たちは喜びを爆発させた。そして、800人もの大学関係者から温

記事を読む

ボストンで3位に食い込んだ大迫傑。その特異なキャリアと今後の可能性

冬の時代が続く日本マラソン界に〝春〟を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(ナイキ・オ

記事を読む

東京マラソン 日本人集団はなぜ序盤で外国勢に引き離されたのか!?

先日行われた東京マラソン、日本勢が序盤で海外勢に遅れる場面を見て、「なぜ付かないんだ!」と不思議に思

記事を読む

箱根の「新旧エース対決」と 男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

3月5日に行われる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン

記事を読む

リオ五輪代表に22歳の服部勇馬を選べ!

リオ五輪の男子マラソン代表選考、最後のレースとなったびわ湖毎日マラソン(3月6日開催)。男子の部では

記事を読む

男子4×100mリレー〝銅メダル〟の裏に隠れたドラマ

昨年のリオ五輪に続く「メダル」を目指した男子4×100mリレー。日本は1走・多田修平(関学大)、2走

記事を読む

リオ五輪男子マラソン代表は誰に?「東京五輪強化枠」の導入を提案する

3月6日のびわ湖毎日マラソンでリオ五輪の男子マラソン代表選考会がすべて終了した。男女の日本代表は3月

記事を読む

「ゴール変更」で東京マラソンはどう変わるのか!?

東京マラソン財団は、来年2月に開催予定の東京マラソンから、ゴール地点を東京駅前の行幸通りに変更するこ

記事を読む

世界大会で惨敗した長距離ランナーが口にする〝言い訳〟とは?

メダルラッシュに沸いたリオ五輪だが、フィナーレを飾る男子マラソンは〝残念な感じ〟に終わった。出場した

記事を読む

18歳のサニブラウンが振り返るロンドン世界選手権2017

男子200mで史上最年少の決勝進出を果たすなど、ロンドン世界選手権で〝特別な輝き〟を放ったサニブラウ

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー