エースたちの早すぎる引退 箱根駅伝は選手を潰すのか!?

公開日: : 東京五輪, 箱根駅伝

箱根駅伝がランナーたちをダメにしているのは!? と関係者の間では、前々から言われてきた。この春にもシューズを脱ぐヒーローたちがいる。大きなインパクトとして報道されているのが、「山の神」と呼ばれた柏原竜二だ。

富士通の公式サイトによると、「昨シーズンに度重なるケガ、故障をしてしまい、この発表をしている今でも完治しておらず復帰のメドがたたないことから競技の第一線を退くことにしました」と柏原はコメントしている。引退の原因は腰痛で、今後は社業に専念し、強化運動部のサポートや社会貢献活動の補助などの業務を行うという。

柏原は箱根駅伝の5区山上りで4年連続の区間賞を獲得して、衝撃的な快走を連発してきた。1年時には4分58秒差を大逆転して、2年時と4年時には自らが持つ区間記録を更新。「柏原劇場」で盛り上がった箱根山中には多くのファンが詰めかけた。柏原人気はSNSでも絶大で、ツイッターのフォロワー数は10万以上を誇る。これは日本陸上界でダントツトップの数だ。

しかし、実業団ではアキレス腱痛などに苦しみ、1万mの自己ベスト(28分20秒99)は大学2年時から更新できず、駅伝でも思うような活躍ができなかった。マラソンに活路を見いだすも、15年9月のシドニーは2時間20分45秒で7位、昨年3月のびわ湖毎日も2時間22分15秒の52位に沈んだ。大学を卒業して5年。27歳での「引退」となった。

柏原が「ランナー」として伸び悩んだのはなぜだろうか。直接的な原因は故障かもしれないが、他にもいろいろと考えられる。

名門校のエースとして、箱根駅伝で3年連続の区間賞に輝いたことのある元実業団選手は、以前こんなことを話していた。

「実業団で潰れた私が言うのはおかしいかもしれませんが、学生時代は箱根に勝ちたい、そういう思いでやってきたので、悔いはありません。箱根で燃え尽きたかと言われると、そうかもしれない。実業団で次の目標を見つけられれば良かったんですけど、私自身は箱根で活躍したことがプレッシャーになっちゃった部分もありましたね。あれだけ注目を集める大会ですから、見誤るんですよ、自分の実力を。学生ではトップかもしれないけど、実業団には自分よりも強い選手がたくさんいますから」

大学時代は自分にも他人にも厳しかった柏原だが、箱根から解放されて、ホッとした気持ちと、多くのファンに囲まれて浮かれた部分があったのかもしれない。

続きを『THE PAGE』で読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

箱根駅伝 ライバル校が王者・青学大に勝つための戦略を探る

第93回箱根駅伝は「3連覇」&「駅伝3冠」を目指す青学大がダントツのV候補。12月29日に「区間エン

記事を読む

5区短縮で変わる箱根駅伝 どの大学が有利になるのか!?

来年正月に行われる第93回箱根駅伝から往路の小田原中継所の位置が変わり、5区の距離が23.2kmから

記事を読む

マラソンより複雑? 箱根のスターがひしめく陸上長距離リオ代表争い

リオ五輪のマラソン日本代表は決定したが、トラック&フィールドはシーズンインしたばかり。特に、

記事を読む

箱根駅伝のエースたちはマラソンでも活躍できるか!?

正月に行われた箱根駅伝は、青山学院大の連覇で幕を閉じた。2位は東洋大で、3位は駒澤大。2015年度の

記事を読む

新・箱根駅伝も5区にドラマあり。距離短縮でも「山の神」は現れるのか!?

12月29日に箱根駅伝の「区間エントリー」が行われ、エースたちの区間配置が見えてきた。そこで、信じら

記事を読む

箱根駅伝 青学大に往路V3を運んだ〝湘南の神〟秋山の復活物語

2区終了時で、首位を独走するのは神奈川大。第93回箱根駅伝はちょっと意外な展開で幕を開けた。「3連覇

記事を読む

アスリートの「第二の人生」、その厳しい現実

先日、大学陸上部の同期と久々に集まった。懐かしい顔がそろい、自然と会話が弾む。お酒が進むなか、かつて

記事を読む

2016年シーズンも青学大が〝優勢〟の予感

関東インカレが終わり、各大学の「戦力」が見えてきた。2016年シーズンの学生駅伝はどんな戦いになるの

記事を読む

中央大駅伝部はなぜ「1年生主将」を選んだのか

87年連続出場中で、優勝回数は最多14回。箱根駅伝の超名門・中央大が揺れている。6月の全日本大学駅伝

記事を読む

落選しても笑顔。慶応大が箱根駅伝の出場まで「7分近づいた」

箱根駅伝の予選会には〝天国〟と〝地獄〟を隔てる明確なラインが存在する。通常開催となる第94回大会は上

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー