終わりかよ!? フリーペーパー『R25』のライター事情

またひとつの時代が終わる。かつて首都圏で社会現象を巻き起こした『R25』が完全終了することになったからだ。

『R25』は2004年7月1日にリクルートが創刊したフリーペーパーで、30歳以上の方はお世話になった人も多いだろう。2015年9月24日号で休刊して、その後はWEB版に移行するも、2017年3月31日で更新を停止。4月28日にサービス終了を予定しているという。創刊号から記事を書いてきたライターとしては、ちょっと寂しい気持ちだ。

そんなわけで、過去に執筆した『R25』をパラパラと眺めていたら、2007年2月8日号の見本誌に送付状が挟まっていた。そこには、『R25』は25歳以上のオトコの情熱誌」をテーマにした、全く新しい男性週刊誌です。団塊Jr.世代の「変わらなきゃ」という気持ちを勇気づけ、行動を支援するための情報を、毎週提供していきます。と記してある。

『R25』は政治、経済、スポーツなどの時事情勢のレビュー、著名人のインタビュー記事などで構成されており、通常は52ページ。通勤時の電車内でちょうど読みきれる程度のボリュームで、各記事も一駅分ほどのコンパクトさにまとめる方針がとられていた。当時は「これがタダなの!?」と驚かれるだけのクオリティだった。

最盛期の発行部数は60万部(首都圏)。それでも数が足りないほど、その人気は凄まじかった。電車のなかでは『R25』を読んでいる人がたくさんいたものだ。羽田空港に巨大ラックがあり、発行日の木曜日にも関わらず、夕方の便で戻ると、すでにスッカラカンということもあった。ライターをしていて、知り合いから「記事、読んだよ!」と言われることも多かった。

僕が書いていたのは、1/2ページのレビュー記事だ。手元にあるのは20冊だが、誤って捨てたことが何回かあるので、25回近く執筆したと思う。4週間だけの期間限定発行第1弾(2004年3月4日号)は、「アテネ五輪の男子マラソン代表争い」について書いた。陸上競技ネタが大半とはいえ、ときには他のスポーツも取材した。名和秋ちゃんからボウリングを教わり、ガールズケイリンの選手とバンクで競争したこともある。上京して間もなかったボクシングの江藤三兄弟にも会いに行った。

『R25』の編集スタッフは大半が外部(編プロやフリーランス)の人間で、スポーツ担当はT氏とS氏(はじめはT氏ひとりだったが、多忙なためS氏と隔週で担当することになった)だった。週に1度の編集会議には、10本近くネタだしをしないといけないらしく、そのあたりは週刊誌の契約記者に似ている。

で、編集会議で選ばれたネタを各分野の担当者が、僕らライターに依頼するという流れだった。スポーツは人気コンテンツということで、毎号2~4本が採用されていた。

気になる原稿料は……。

続きを『note』で読む