箱根の「新旧エース対決」と 男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

3月5日に行われる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表争いが〝混迷〟しているからだ。男子の選考レースは4つあり、代表枠は最大3つ。各選考会で日本人1位の成績を収め、派遣設定記録(男子は2時間7分00秒)を突破すると代表「内定」となるが、3レースを終えた時点で内定者は出ていない。それどころか、3人いる〝日本人トップ〟の優劣をつけるのが難しい状況なのだ。

福岡国際は川内優輝(埼玉県庁)が日本人トップ(3位)で2時間9分11秒、別府大分は中本健太郎(安川電機)が制して2時間9分32秒。東京は井上大仁(MHPS)が日本人トップ(8位)で2時間8分22秒、山本浩之(コニカミノルタ)、設楽悠太(Honda)、服部勇馬(トヨタ自動車)の3人が2時間9分台でフィニッシュしている。

東京で日本人2位に入った山本は2時間9分12秒で中本のタイムを上回るが、福岡と別府大分は雨のレースで、東京は優勝したウィルソン・キプサング(ケニア)が国内日本最高記録を大きく塗り替える2時間3分58秒をマークするなど条件的には良かった。3人の日本人トップで最もタイムの良くなかった中本が唯一の優勝者で、川内は優勝者と23秒差、井上はキプサングに4分24秒という大差をつけられている。マラソンは気象コンディション、走る相手、レース展開でタイムが大きく変わってくるため、記録順で選ぶわけにはいかない。

東京マラソン後の記者会見では、「タイムだけみると、われわれも困ったなという状況になる」と日本陸連の瀬古利彦・長距離マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも頭を悩ませていた。びわ湖に出場する選手たちは当然、他の選考レースの「タイム」を意識しており、それがメリットとなる場合もある。前年度のリオ五輪トライアルは東京が不発に終わったこともあり、びわ湖から2名の代表選手が誕生した。では、ロンドンへの〝最終決戦〟となる今回のびわ湖はどんな戦いになるのか。

続きを『webスポルティーバ』で読む