マラソンの〝サブ4〟なんて簡単だ! 月間100km未満で達成する方法を教えます

公開日: : マラソン, ランニング

マラソンシーズン真っ盛り。本番に向けて、せっせと走っているランナーも多いことだろう。しかし、なんとなく走っているようだと、なんとなくの結果で終わってしまうもの。そこで、今回は必ず結果が残せる「マラソン・トレーニング」を紹介したい。

筆者はトップ選手からマラソン完走を目的とする芸能人まで、様々なレベルのランナーを取材してきた。現在は、「ラブランガールズ」という女性限定のランニングクラブも主宰しており、20代女子4名が初マラソンに臨んだときのことを、2年ほど前のコラムに書いた。その後も、当時行ったトレーニングを軸にクラブメンバー15人ほどがマラソンに挑戦した。そして、「確信」したことがある。それは、しかるべきトレーニングをすれば、マラソンは必ず走れるということだ。

昨年の熊本城マラソンには3人のランナーが参加して、全員が4時間30分切りの自己ベストをマークした(Aさん3.50→3.44、Bさん4.23→4.18、Cさん4.31→4.22)。スピードを考えると、女性の〝サブ4.5〟は、男性の〝サブ4〟と同じだけの価値がある。そこで今回は、市民ランナーの「中級者」ともいえる4時間を切る“サブ4”をどう達成すべきなのか? をじっくりと解説したいと思う。

イーブンペースに騙されるな

雑誌『ランナーズ』の調査によると、フルマラソンの平均タイム(日本人)は男性が4時間35分ほどで、女性が5時間10分ほどだという。男性でも4時間を切るのは、そこそこ難しく、マラソン完走者の上位約30%に入るほどの領域なのだ。

ちなみに「キロ5分40秒」ペースで走り切ると、フィニッシュタイムは3時間59分06秒。めでたく“サブ4”となる計算だが、実際はキロ5分40秒ペースで走ろうとすると、たいてい失敗する。なぜなら、スタート直後は大混雑でペースが上がらないし、トイレ休憩が必要になる場合もある。そして、イーブンペースで最後まで走るのはほぼ不可能だからだ。

トップ選手を含めても、フルマラソンでは25kmから徐々にペースダウンするランナーがほとんど。となると、サブ4を目指すうえで、「キロ5分40秒」というペースで走る練習は意味がない。サブ4を達成する人は、本番でそんなペースで走っている時間はほとんどないからだ。算数上のイーブンペースに騙されてはいけない。

では、サブ4を達成するには、どういう「ペース配分」が正解なのか。ラブランガールズが取り組んできたレーススタイルで、具体的にシミュレーションしてみたい。

続きを『東洋経済オンライン』で読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

リオ五輪男子マラソンの最終選考レースは〝ビッグチャンス〟!

リオ五輪の男子マラソン代表選考会は、3月6日(日)のびわ湖毎日マラソンで〝最終決戦〟を迎える。大会規

記事を読む

高速化に遅れた日本男子マラソン、低迷の理由と再建策は!?

リオ五輪の最終日を飾る男子マラソン。「入賞」を目指した日本勢の戦いは想像以上に厳しかった。5キロを1

記事を読む

〝五輪マラソン最年長ランナー〟を生んだ珍しいルーティン

リオ五輪マラソンの日本代表が決まった。男女6名の顔ぶれを見ると、田中智美(第一生命)が28歳で、あと

記事を読む

目前の五輪を見送る佐藤悠基の戦略と勝負勘

自分にとっていちばん大切な目標は? それを実現するのはいつか? これらのクエスチョンに、あなたは明確

記事を読む

ボストンで3位に食い込んだ大迫傑。その特異なキャリアと今後の可能性

冬の時代が続く日本マラソン界に〝春〟を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(ナイキ・オ

記事を読む

野口みずきが自己ワースト記録でも笑顔を見せた理由

名古屋ウィメンズマラソンは、20代の田中智美(第一生命)と小原怜(天満屋)がデッドヒートを繰り広げた

記事を読む

リオ五輪代表に22歳の服部勇馬を選べ!

リオ五輪の男子マラソン代表選考、最後のレースとなったびわ湖毎日マラソン(3月6日開催)。男子の部では

記事を読む

福士加代子は名古屋を走るのか!?

様々な憶測が飛び交っているが、どうもスッキリしない。大阪国際女子マラソンで優勝して、「リオ五輪代表」

記事を読む

名古屋で福士のリオ五輪を脅かすランナーは現れるのか?

すったもんだの末、福士加代子(ワコール)が欠場することで落ち着いた名古屋ウィメンズ女子マラソン。3月

記事を読む

高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的な弱点

東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は〝初速度〟が違っていた。3万5千人を超えるラ

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー