マラソンの〝サブ4〟なんて簡単だ! 月間100km未満で達成する方法を教えます

公開日: : マラソン, ランニング

マラソンシーズン真っ盛り。本番に向けて、せっせと走っているランナーも多いことだろう。しかし、なんとなく走っているようだと、なんとなくの結果で終わってしまうもの。そこで、今回は必ず結果が残せる「マラソン・トレーニング」を紹介したい。

筆者はトップ選手からマラソン完走を目的とする芸能人まで、様々なレベルのランナーを取材してきた。現在は、「ラブランガールズ」という女性限定のランニングクラブも主宰しており、20代女子4名が初マラソンに臨んだときのことを、2年ほど前のコラムに書いた。その後も、当時行ったトレーニングを軸にクラブメンバー15人ほどがマラソンに挑戦した。そして、「確信」したことがある。それは、しかるべきトレーニングをすれば、マラソンは必ず走れるということだ。

昨年の熊本城マラソンには3人のランナーが参加して、全員が4時間30分切りの自己ベストをマークした(Aさん3.50→3.44、Bさん4.23→4.18、Cさん4.31→4.22)。スピードを考えると、女性の〝サブ4.5〟は、男性の〝サブ4〟と同じだけの価値がある。そこで今回は、市民ランナーの「中級者」ともいえる4時間を切る“サブ4”をどう達成すべきなのか? をじっくりと解説したいと思う。

イーブンペースに騙されるな

雑誌『ランナーズ』の調査によると、フルマラソンの平均タイム(日本人)は男性が4時間35分ほどで、女性が5時間10分ほどだという。男性でも4時間を切るのは、そこそこ難しく、マラソン完走者の上位約30%に入るほどの領域なのだ。

ちなみに「キロ5分40秒」ペースで走り切ると、フィニッシュタイムは3時間59分06秒。めでたく“サブ4”となる計算だが、実際はキロ5分40秒ペースで走ろうとすると、たいてい失敗する。なぜなら、スタート直後は大混雑でペースが上がらないし、トイレ休憩が必要になる場合もある。そして、イーブンペースで最後まで走るのはほぼ不可能だからだ。

トップ選手を含めても、フルマラソンでは25kmから徐々にペースダウンするランナーがほとんど。となると、サブ4を目指すうえで、「キロ5分40秒」というペースで走る練習は意味がない。サブ4を達成する人は、本番でそんなペースで走っている時間はほとんどないからだ。算数上のイーブンペースに騙されてはいけない。

では、サブ4を達成するには、どういう「ペース配分」が正解なのか。ラブランガールズが取り組んできたレーススタイルで、具体的にシミュレーションしてみたい。

続きを『東洋経済オンライン』で読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

ナイキの挑戦とマラソンの〝近未来〟『BREAKING2』で見えた人類の可能性

インターネットTV「AbemaTV」の1周年記念企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』が大きな盛り上

記事を読む

期待されたびわ湖は惨敗 男子マラソン「日本代表」はどうなる!?

3月5日にびわ湖毎日マラソンが行われ、今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表選考レース

記事を読む

リオ五輪の男子マラソン選考会は危機的な低水準

なんとなくは分かっていたが、過去の記録をまとめていたら、リオ五輪の男子マラソン代表選考会の〝レベル〟

記事を読む

東京マラソンの日本勢惨敗。もう、世界との差は埋まらないのか……

今や世界のメジャーレースのひとつになった東京マラソン。日本勢は今夏のリオ五輪の男子代表選考会を兼ねて

記事を読む

福士加代子は名古屋を走るのか!?

様々な憶測が飛び交っているが、どうもスッキリしない。大阪国際女子マラソンで優勝して、「リオ五輪代表」

記事を読む

あれ男性も? 日米のウィメンズマラソンに驚きの〝違い〟

来年3月12日(日)に第6回大会を迎える「名古屋ウィメンズマラソン2017」。ギネス世界記録にも認定

記事を読む

東京マラソンを沸かした青学大の〝マラソン〟トレーニング

今年の東京マラソンで一番目立ったのは箱根王者・青学大勢だろう。2年生の下田裕太が2時間11分34秒の

記事を読む

箱根の「新旧エース対決」と 男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

3月5日に行われる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン

記事を読む

「山の神」から「マラソンの神」へ 神野大地が明かすデビューの戦略

充実のシーズンを過ごして、青梅マラソンで30kmレースも経験。社会人2年目を迎える神野大地(コニカミ

記事を読む

河津桜を目指して、伊豆じゃなくて〇〇〇を走る!

花と鳥と空と海。 このブログを毎回楽しみにしている皆様、え? いない? じゃあ、たまたま

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー