箱根から世界を走った「早稲田の 竹澤健介」が語る引退の真相

こんなに晴れやかな表情の竹澤健介を見たのは初めてかもしれない。所属する住友電工の本社(東京)を訪ねると、スーツ姿の竹澤が「ご無沙汰しております」と笑顔で現れた。

まだ30歳になったばかりの彼が、今シーズン限りでの「現役引退」を発表したのは1月16日。箱根駅伝をはじめ、世界でも戦った元早稲田大のエースの引退は、多くの陸上ファンに衝撃を与えた。

「引退理由ですか? 左足のケガですね。痛みに耐えて現役の後半を過ごしてきたんですけど、昨年11月の関西実業団駅伝の下り坂で、『これは厳しいな』と思ったんです。脳がダメだと認識してしまったのか、それから気持ちの面でも切れてしまいました」

竹澤は、関西実業団駅伝の3区を区間2位でまとめたものの、チームは4位に終わり、今年のニューイヤー駅伝の出場を次点で逃している。そのレース中に自身の体の状態に絶望し、大学時代の恩師でもある渡辺康幸監督に素直な気持ちを打ち明けた。

「できれば、引退レースをしたかったですね。1月の都道府県駅伝を最後にという気持ちもあったんですけど、出場できる状態ではありませんでした。本音を言うと、競技力が落ちてからやめたかったので、ケガが原因で引退するのはすごく悔しいです」

 早大時代、箱根駅伝で3年連続の区間賞を獲得して、大阪世界選手権、北京五輪にも出場。竹澤は「箱根から世界へ」を体現したランナーだった。大学3年時には1万mで日本人学生最高記録(当時)の274559を、5000mで日本学生記録の131900をマークしている。早大時代の竹澤はキラキラに輝いていた。しかし、その頃から〝崩壊〟が少しずつ始まっていた。

続きを『webスポルティーバ』で読む