ライターはいくら稼ぐことができるのか? 12月の仕事と収入を公開!

出版不況が続くなか、フリーランスのライターはいくら稼いでいるのか。昨今は「1記事500円」という格安の仕事を引き受けている者もいるというが、ライター歴15年以上の筆者が、リアルな現状を伝えたいと思う。

陸上競技の長距離を得意とするスポーツライターとしては、12月が〝稼ぎ時〟となる。箱根駅伝を筆頭に「駅伝」関連の執筆依頼が多くなるからだ。例年同様、いくつもの締め切りをくぐり抜けてきたが、2016年12月の仕事とギャラについて明かしたい。まずは執筆した媒体と分量(文字数)から。

『月刊陸上競技1月号』約8000w(全国高校駅伝展望記事など)

『月刊陸上競技2月号』約11600w(全国高校駅伝など)

『箱根駅伝公式ガイドブック』約21000w(レース展望、チーム紹介)

『週刊プレイボーイ』約2800w(大谷遼太郎インタビュー)

『東洋経済オンライン』約4000w(コラム1本)

THE PAGE』約13000w(記事5本)

webスポルティーバ』約9000w(記事3本)

『スポーツニッポン』約1600w(ニューイヤー駅伝展望記事)

『マラソン関係のムック』約16000w16p分)

『某企業メルマガ』約1600w 

文字数にすると、約88600w。新書1冊分に近い分量になる。では、これだけ書いていくらもらえるのか?

続きを『note』で読む