箱根駅伝はどこに向かっていくべきなのか!? ランナーの〝経済的価値〟を考える

まもなく箱根駅伝がやってくる。今大会は「大会3連覇」&「学生駅伝3冠」を目指す青山学院大がダントツのV候補。前回2位の東洋大、同3位の駒澤大、全日本大学駅伝2位の早稲田大、同3位の山梨学院大、強力ルーキーがそろう東海大の“5強”も打倒・アオガクに燃えている。第93回大会も見どころ満載だが、今回は箱根駅伝の“経済的価値”について考えてみたい。

箱根駅伝は本当に特殊な大会だ。日本人なら誰でも知っているビッグイベントにも関わらず、その存在は海外でまったく知られていない。というのも、「駅伝」という競技自体が国内だけで発展しており、「EKIDEN」というワードを知っている人もかなり少ないのだ。

しかし、国内の“駅伝人気”は箱根に引き上げられ、かつ裾野まで広がっている。中学、高校、大学、実業団で全国大会が開催。福島県や熊本県などでは郡市対抗駅伝の注目度も高い。また近年は市民ランナーが参加する駅伝大会も大盛況で、タスキをつなぐドラマに魅了されている日本人は多い。

駅伝の“頂点”ともいうべき箱根駅伝だが、まずはテレビ視聴率で見てみよう(以下のテレビ視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。前回の平均視聴率は往路が28.0%、復路が27.8%。年末年始の視聴率でいうと紅白歌合戦(第2部、39.2%)に次ぐ2位という好視聴率を誇っている。

おもしろいことに、“主要キャスト”はほぼ同じ全日本大学駅伝になると、視聴率は半分以下になる。今年11月の全日本は、早稲田大がV候補の青山学院大をリードする展開になり、平均視聴率は10.2%と5年ぶりに2ケタを記録するが、箱根には到底及ばないのだ。

そして、箱根路の元ヒーローたちが集結しているニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)も箱根の半分にも届いていない。前回の平均視聴率は12.9%。レベルでは箱根よりも高いはずなのに、人気・注目度では“ねじれ現象”が起こっている。

駅伝ではないが、今夏に開催されたリオ五輪でテレビ視聴率が最も高かったのは男子マラソンで23.7%、2位は開会式の23.6%、3位は女子マラソンの22.6%だった。テレビ視聴率でいうと箱根駅伝を超えるレースは存在しない。注目度で箱根駅伝を上回るステージがあるとすれば、オリンピックの舞台で日本人ランナーがメダル争いを繰り広げるしかないだろう。

続きを『東洋経済オンライン』で読む