新米ライターが2016年のスポーツ界を振り返る

2年目ライターのMATSUです。2016年もあと2週間で終わってしまいますね……。今年はオリンピックイヤーだったこともあり、特にスポーツ業界が盛り上がった1年間でもありました。

そこで今回は、2016年に起こったスポーツの主なできごとを振り返ってみたいと思います。すべての競技をピックアップすると膨大な量になってしまうので、個人的に気になったものだけ抜粋してご紹介します。※オリンピックは話題が多すぎたので、省略しました。

img_0872

あなただけの〝特別な1冊〟を作成します!

【リオデジャネイロ五輪】

金メダル12、銀メダル8、銅メダル21 合計41個のメダルを奪う大健闘。過去最多だった前回(ロンドン)の38個を上回り、史上最多のメダル数を記録。

【プロ野球】

3月 読売ジャイアンツの選手数名の野球賭博が発覚。球界を巻き込む大騒動に。

7月 広島東洋カープの黒田博樹投手が日米通算200勝を達成。日米を通じて達成したのは野茂英雄以来、史上2人目。

9月 広島東洋カープが25年ぶり7度目のセ・リーグ優勝。広島フィーバーを起こす。

9月 北海道日本ハムファイターズが、最大11.5ゲーム差をひっくり返してパ・リーグ制覇。

10月 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が、クライマックスシリーズ第5戦で投手として登板し、日本最速となる165㎞を記録する。

【MLB

6月 マイアミ・マーリンズのイチローが日米通算安打を4257本とし、ピート・ローズのMLB記録を更新。

8月 マイアミ・マーリンズのイチローがMLB史上30人目の通算3000本安打を達成。

11月 全30球団で最も長くシリーズ優勝から遠ざかっていたシカゴ・カブスが、108年ぶり3回目の優勝。

【高校野球】

7月 数々のプロ野球選手を輩出し、今年で休部が決まっていた大阪府の名門校、PL学園硬式野球部が夏の大阪府大会初戦で敗退し、長い歴史に幕を閉じる。

8月 夏の甲子園、作新学院(栃木)が北海(南北海道)を破り、54年ぶり2回目の優勝。

【Jリーグ】

11月 浦和レッズが年間1位を勝ち取り、名古屋グランパスが初のJ2降格。

12月 Jリーグチャンピオンシップ決勝が行われ、鹿島アントラーズが7年ぶり8回目の優勝。下剋上Vを果たす。

【海外サッカー】

5月 日本の岡崎慎司が所属するレスターがプレミアリーグ初優勝。

【女子サッカー】

3月 前回のロンドン五輪で銀メダルを獲得している「なでしこジャパン」が、リオ五輪サッカーアジア地区女子最終予選でまさかの敗退。4大会ぶりに本大会出場を逃す。

【陸上競技】

6月 ロシアの国家的ドーピング問題で、ロシア陸上競技選手団は夏のリオ五輪全種目に出場できないことが確定。

6月 男子ハンマー投げのレジェンド・室伏広治が「体力の限界」を理由に引退を表明。室伏は昨年、日本選手権20連覇を達成していた。

10月 箱根駅伝の予選会で中央大学が88大会ぶりに予選敗退。

【競泳】

4月 アテネ・北京五輪で2大会連続100m・200m2冠を達成した北島康介がリオ五輪出場を逃し、その後引退を表明。

【大相撲】

1月 初場所で大関・琴奨菊が14勝1敗で幕内初優勝。2006年初場所の栃東以来、10年ぶりとなる日本出身力士の優勝。

9月 大関・豪栄道が秋場所を全勝優勝。前場所負け越し(カド番)からの全勝優勝は史上初の快挙。

11月 横綱・白鵬が史上3人目となる通算1000勝を史上最速で達成。

【ゴルフ】

10月 松山英樹がHSBCチャンピオンズで世界ゴルフ選手権初優勝を果たす。

【フィギュアスケート】

3月 世界ジュニアフィギュアスケート選手権にて、本田真凜が優勝。同大会の日本勢の優勝は、2010年の村上佳菜子以来6年ぶり。

12月 グランプリファイナル男子で、羽生結弦が史上初の4連覇を達成。

【馬術】

6月 杉谷泰造が五輪6大会連続出場を決め、夏季五輪では日本選手最多記録を更新。

……と挙げたらキリがないですね(笑)。多分重大なニュースを見落としている気がするのですが、まぁそこは許してください。

2017年もスポーツ界が盛り上がることに期待しましょう!

MATSUの前回投稿(隔週木曜日)

●MATSU 1991年生まれ、東京都出身。スポーツ専門誌の編集部でアルバイトをしながら、スポーツライターの道を模索中。中学・高校は陸上部で5000mの自己ベストは15分43秒67。大学はラクロス部。