本番まで約6週間、箱根駅伝「最後の駆け引き」の裏側

正月の箱根駅伝まで残り約6週間となった。10月10日に出雲駅伝、11月6日に全日本大学駅伝が終わり、本番まで注目を集めるようなレースはない。しかし、箱根を目指す者たちにとっては、ここからが「ラストスパート」となる。出走を目指す選手、チームを率いる監督。今回は2つの視点で、箱根までの道のりを紹介したい。

まずは選手から。箱根駅伝を走るためには、本番までに“2つの関門”をクリアしないといけない。最初は選手登録ができる一大学「16名」の枠に入ることだ。16名の選手エントリーは毎年12月10日に行われるが、ここで外れると、その後にどんなに調子を上げても本番を走ることはできない。メンバー入りが微妙な選手たちにとって12月10日は「運命の日」といえる。

かつて筆者も箱根駅伝を走り、その後15年以上取材をしてきたが、 チームのなかで速い順に16番目までの選手を選ぶかというと、実際は少し違う。箱根駅伝には「山」があることもあり、キャラの違う選手を組み合わせて選出されるのだ。たとえば20kmの走力ではチームで20番前後でも、下りを走らせたらチームで2番目に速いという“特技”を持つ選手だと、6区候補としてエントリーに入りやすい、といった具合だ。

16名の登録選手は夏合宿の消化具合なども考慮されるが、最も重要視されるのはエントリー直前の状態だ。エース級の主力選手は出場を回避することもあるが、大半の選手は、11月中旬から12月上旬の“選考レース”を走ることになる。

今年でいうと、11月13日の世田谷246ハーフマラソン、11月16日の上尾ハーフマラソン、11月26日の1万m記録挑戦競技会、12月3日の日本体育大学長距離競技会1万mなどが該当する(出場するレースは大学によって違う)。ただの記録会ではなく、選手たちにとっては天国と地獄を隔てるようなレースになる。

それから「山」、つまり箱根駅伝における「上り」候補の選手たちは、これらのレースには出場せず、本番コースを想定したチーム独自のトライアルで適性を確認することが多い。選手エントリーの日が近づくにつれて、自然と日々の練習もピリピリした雰囲気になっていく

指揮官は日々のトレーニング、箱根予選会や全日本大学駅伝の結果、直前の選考会などから総合的に判断して、「16名」を決めるわけだが、どんな選び方をしても、全員を納得させるのは難しい。なかには、選手を公平に選ぶために、選考レースや重要度の高いトレーニングの順位から選手にポイントを与える「ポイント制」を導入して、チーム内の“順位”を明確にしている大学もあるほどだ。

箱根出場校は10名ほどのスポーツ推薦枠を持つ学校が大半。一般入試を経て入部する選手も多数おり、各校合計で40~70名の長距離部員が箱根を目指している。しかし、エントリーできるのは16名のみ。第一関門でその多くが“落選”することになる。

チームのレベルが上がるほど、指揮官たちは、誰を外すのか「苦渋の選択」となる。

続きは『東洋経済オンライン』で