モグラ駅から山を登る快感。でも、まさかの結末が待っていた。

早朝の上野に集合し青春18きっぷで北へ。目指すは土合駅。土合という駅は登山を嗜むものならば、必ずや知っているであろう谷川岳への入り口。とともに、「日本一のモグラ駅」として関東の駅百選に認定されている非常にユニークな駅だ。

電車から降りると、まさに別世界。真夏だというのに肌寒さを通り越して寒いほど。それもそのはず、地下70mのトンネル内が駅なのだ。

地上に出るには、まず462段の大階段を上がる必要がある。ホームから駅の外に出るまでに少なくとも10分以上はかかる。階段を上がりきる頃には、かなり息が切れた。

だが同時に非日常的な真っ暗なトンネル内を進んでいくと無性にワクワクした。冒険への入り口へいざなわれている、そんな気がした。土合の駅を出ると先ほどまでの涼しさが幻だったかのように暑い。やっぱり真夏だ。一気に汗が吹き返す。そして目指すは天神平。

ここは本来、ロープウェイで楽々登ることができる山。だが、そこはラブランのトレラン隊。我々は高原ピクニックに来たわけじゃない。山を登りに来たのだ。

プランはこうだった。天神平まで登り、反対側へ下山し、水上温泉で汗と疲れを流す。そして乾杯。

この計画は完璧だと思われた。誰もがゴールを楽しみにしていた。そして田尻尾根入口より入山。

6月に登山デビューして、7月に2回登った「高尾山気分」で、その山に入ると……。

とんっでもなく急な山道だった。いや、道ではなく山そのものだった。そもそもハイキングをするような軟弱な斜面ではなく、当然、休憩所などもない。ある場所では登山というよりロッククライミングのような急斜面もあった。

つらい、苦しい、怖い、休みたい。

もう脚が動かない、そう思っても休めるようなひらけた場所もなく、ただひたすら登るしかないのだ。

わたし以外は体力のあるメンバーで、ラブラン歴1年、それ以前の人生で運動らしい運動もほとんどしてこなかったわたしはリタイヤ寸前だった。

が、みんなと一緒に登りたい、そして下山して温泉に入りたい、乾杯したい、その一心で必死にみんなについて行った。

そして、ついに!天神平へ!! 間違いなく人生で一番、汗をかいた日だった。

達成感!!

皇居1周完走、神宮外苑5周完走、10km完走、高尾山・城山登頂、その度に味わった達成感の中でも最高の感動!! あとは下山して温泉に入ってビールで乾杯だ!! と、下山ルートへ続く山道をかきわけて行った先にある道標に書いてあったのは……。

「この先、登山道はありません」

???????

って、この先、道ないやんけーーーーー!!!!!

See you next time! Have a nice RUN!!

モトリンの前回投稿はコチラ

●モトリン ゆるRUNを楽しむ都内在住OL。「半径10km以内を楽しむ!」をテーマにワクワク感のあるランニングコースを開拓中。

東京をCUTEに走る Love Run Girls は会員募集中♪