オリンピアンたちの意外な「第二の人生」 セカンドキャリアでも輝くために必要なこと

地球の裏側から届く“ビッグニュース”を日々、待ちわびている方もいるだろう。「オリンピック」という響きに、日本人はすこぶる弱い。普段はほとんど目にすることのない競技も、オリンピックになると“ビッグゲーム”に変身する。

そのことを知っているからこそ、アスリートたちは4年に一度のチャンスに魂を削っているのだ。そして、「メダル」を獲得すれば、その快挙は日本列島を瞬く間に駆け抜ける。今年の夏も数々のヒーロー、ヒロインが誕生している。

しかし、オリンピックでメダルを獲得したからといって、その後の生活が「安泰」といえるほど人生は甘くない。4年前、8年前、12年前のメダリストたちをどれだけ覚えているだろうか(ちなみに日本はロンドン五輪で38個のメダルを手にしている)。当たり前だが、一瞬の輝きだけでは食っていけない。

むしろ、現役時代の活躍がまぶしいほど、その後の「仕事」はやりにくい部分もある。今回はリオ五輪を“裏側”で盛り上げている、ふたりの女性オリンピアンの言葉から、アスリートのセカンドキャリアを考えてみたい。

嫌いだった水泳が好きになった

20年前のアトランタ五輪に、日本人選手団最年少の14歳で出場した青山綾里(現姓・西澤)を覚えているだろうか。1996年4月の日本選手権100mバタフライを58秒83の日本新で優勝。同年のアトランタ五輪を世界ランキングトップで迎えて、金メダルの期待をかけられていた。現在は34歳になり、産経新聞社の運動部記者として活躍している青山が振り返る。

「それまでは泳ぐたびにべスト記録が出るような状態で、泳ぐことが楽しかったんです。春に日本記録を塗り替えて、世界ランキングでもトップ。オリンピックに行きたいという夢がかなって、たくさんの取材を受けました。当時は中学3年生で、うれしいなという気持ちが強くて、五輪で戦うというイメージができていなかったと思うんですよ。気づいたら本番になっていて、レース前の練習では、コーチの前で泣いたこともありました」

夢舞台に立つ喜びと緊張で、14歳の少女は感情をうまくコントロールすることができなかった。決勝では50mをトップで折り返すも後半に失速。メダルに届かず、6位に終わった。

「大歓声がすごいし、入場したときから地に足がついていませんでした。初めて脚がガタガタガタガタと震えるという体験をしたんです。とにかく、何も考えずに必死に泳ぎました。自分がどこを泳いでいるのか分からないような状態で、ゴールしたときはホッとしましたね。入場したときから、逃げ出したい気持ちが強かったと、今は思います」

無事に泳ぎ切ったものの、その結果には当然、満足することはできなかった。

「タイムを見た瞬間、呆然となりました。レース後、記者に囲まれたときに泣いてしまって。コーチの顔を見たら、号泣しちゃいました。どちらかというと、つらい思い出で、自分からオリンピックに出た話をすることはありません。なんだか、一瞬で終わってしまって、あまり覚えていないんですよ」

続きを『東洋経済オンライン』で読む