夢をかなえたJリーガーたちのセカンドキャリアは甘くない

近年、男の子がなりたい職業のランキングでトップに君臨するのが、「サッカー選手」だ。しかし、Jリーガーたちの現状は、キラキラしたものではないのかもしれない。J1リーグの平均年俸(2016年)は2017万円。これがJ2になると各段に下がり、平均年俸は400万円強。J3では、「平均値」が算出できないほど、危うい状況になっていく。

J3のクラブチームは、「プロ契約選手の保有人数が3人以上」という規定になっており、プロとアマチュア(無報酬)の選手が入り混じっている。プロ契約でも年俸の下限はなく、ほとんどの選手がアルバイト(副業)をしながらプレイしているのだ。しかも、引退後のセカンドキャリアはさらに厳しいという。

子供たちの〝夢〟をかなえたはずの男たちに、どんな〝現実〟が待ち構えているのか。昨季までJ3のY.S.C.C.横浜でプレイして、現在はリクルートキャリアに勤務する服部大樹氏に話を聞いた。

桐蔭学園、早稲田大で活躍した服部氏は、2014年にJ3リーグへ参入したY.S.C.C.横浜と「プロ契約」を結び、2年間プレイした。Y.S.C.C.横浜のプロ契約選手は初年度が4名、2年目が8名で、他の選手はアマチュア契約だったという。

「プロと言っても給料は驚くほど低かったです。チームメイトがいくらで契約をしていたかは知りませんが、全員が何かしらの副業をしていましたね。私の月収はアルバイト込みで20万弱円でした」と服部氏。月収の内訳は、チームからの支給が週に1度のスクールコーチ代込みで12~3万円、他チームのスクールコーチ代が3~4万円、空き時間にしていたテレアポのアルバイトが1~2万円だった。

プロサッカー選手になれたとしても、年俸の上限がないプロA契約は1チーム原則25人までと人数が限られている(J1チームは15人、J2チームは5人以上が最低人数)。プロB契約と、プロC契約の年俸は上限が480万円。その結果、J2でサラリーマンの平均年収ほど、J3では「フリーター」のような稼ぎにしかならないのだ。

しかも、Jリーグの平均引退年齢は25~26歳。一部のトップ選手を除けば、プロ契約を結んでもサッカーでリッチな生活を送るのは難しい。

「J3の選手でいうと、若手は『上を目指してやるぞ』という選手が多いんです。でも、20代後半になると、サッカーが好きだから、できるだけプレイしたいという割合が増えてきます。そして、引退後のことは基本的に考えていない選手がほとんどなんです」と服部氏。選手として稼ぐことが簡単ではない彼らは、引退後のセカンドキャリアでさらに苦しむことになる。

続きを『Business Journal』で読む