原稿料0円(4月)から、7月に大幅UPできたワケ

最近夏風邪をこじらせてしまい、1週間ほど咳が止まらなくなってしまった〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。

さて今回は、新米ライターがどれだけ稼いでいるか、4月の投稿に引き続き暴露してしまいます! 果たして3ヶ月前から収入は増えているのか、現状維持なのか、具体的な仕事内容も含めてご紹介したいと思います。(MATSUの3月までの収入はこちらの記事をご覧ください

前回の収入暴露の時も説明しましたが、僕の収入源は、「アルバイト代」「原稿料」「その他」に分けることが出来ます。「その他」というのは、テープ起こしや原稿執筆のお手伝いなど、先輩ライターの方から頂いた仕事が主に含まれます。

それでは早速僕の4~7月の収入を見てみましょう!

img_0869

あなただけの〝特別な1冊〟を作成します!

2016年4月】「アルバイト代」141,940円+「原稿料」0円+「その他」15,800円=合計157,740

2016年5月】「アルバイト代」125,240円+「原稿料」23,346円+「その他」11,000円=合計159,586

2016年6月】「アルバイト代」106,230円+「原稿料」2,717円+「その他」11,000円=合計119,947

2016年7月】「アルバイト代」131,380円+「原稿料」90,903円「その他」17,000円=合計239,283

この4ヶ月を見ると、前回の投稿の時と比べてかなり差があるのが見て取れます。特に4月はひどく、なんとライターとしてあるまじき「原稿料0円」を記録しました(笑)。それ以外にも6月は2016年に入ってからの最低月収となり、5月と合わせて3ヶ月連続で月収20万円割れ。1~3月は20万円を超えていたので、大きく収入を落とすカタチとなってしまいました。

この時期は一番ライターとしての仕事が無かった時期で、おそらく1年間で一番暇なシーズンを過ごしました(まぁ、その分アルバイトは忙しかったのですが……)。

ところが、何も進歩が無かったわけではありません。6月には新たにWebメディアで記事を書かせてもらえることになり、その他にも単発で記事を何本か書かせていただきました(7月に収入が上がったのはそのおかげです)。今後はそのメディアでの執筆も本格化させるつもりなので、「原稿料0円」という事態はもう起きないでしょう(笑)。

とはいえ、まだまだアルバイトに頼っているのも事実。今後もフリーライターとしてやっていくために、アルバイト抜きで生計を立てたいというのが本音です。早く「食えるスポーツライター」になるために、試行錯誤しながら道を模索していこうと思います!

目指せ、「脱・新米ライター」!!

MATSUの前回投稿はコチラ

●MATSU 1991年生まれ、東京都出身。スポーツ専門誌の編集部でアルバイトをしながら、スポーツライターの道を模索中。中学・高校は陸上部で5000mの自己ベストは15分43秒67。大学はラクロス部。