日本選手権〝4年連続2位〟から大迫傑が「2冠」できた理由

「日本一」を決める舞台である日本陸上競技選手権で“4年連続2位”という悔しい思いをしたランナーがいる。早稲田大を卒業して、現在はナイキ・オレゴンプロジェクトに所属する大迫傑だ。

4年連続2位は、すべてのレースで優勝者との差が“1秒”前後という僅差だった。それが、今年の日本選手権では1万mと5000mの両種目で完勝。いずれも「ラスト勝負」で他の選手を圧倒して、リオ五輪代表を勝ち取った。

負け続けた大迫はなぜ勝てるようになったのか。熱戦を終えて、彼はこう言った。「昨年までとのいちばんの違いは精神的な成長です 」と。大迫の4年間を振り返り、彼の“成長”と“強さの秘密”を探ってみたいと思う。

4年前の日本選手権1万mは、4人の選手がラスト1周の勝負になだれ込んだ。バックストレートで佐藤悠基(日清食品グループ)がトップを奪取。最後の直線は佐藤と大迫が激しく競り合い、佐藤が逃げ切った。優勝タイムは28分18秒15。大迫は0.38秒届かなかった。

佐藤は残り300mのスパートを、ラスト100mからもう一段階切り替えができるように考えながら走ったという。一方の大迫は、「イメージ通りのレースができて、ラストは余裕もありました。でも負けは負け。秒差は関係ない」と悔しがった。このとき1万mでロンドン五輪代表に選ばれたのは佐藤のみ。キャリアの差が明暗を分けた印象だった。

3年前の日本選手権1万mは7人の争いでラスト1周を迎えた。バックストレートでトップを奪った大迫に佐藤が食らいつく。1年前のレースで大接戦を演じたふたりが逆の立場になった。しかし、結果は佐藤の“圧勝”だった。最後の直線で切り替えると、大迫を突き放す。佐藤が28分24秒94で3連覇。大迫は0.90秒差で敗れた。

「前年は1回も前に出ることなく負けたので、今回は自分が前に出ることで違う勝負ができるかなと思っていました。でも、前年に僕ができなかったパターンを佐藤さんにやり返されてしまいました」と大迫は先輩の強さを認めるしかなかった。

2年前の日本選手権1万mで、大迫はさらに攻め方を変えてきた。ラスト1周ではなく、残り2周でアタックした。しかし、佐藤が徐々に詰め寄ると、残り500mで追いつく。そして、ラスト200mで佐藤が大迫を引き離して、28分32秒07で堂々の4連覇を達成した。大迫は1.50秒差の2位に終わった。

過去2回はラスト1周の勝負に敗れてきた大迫だけに、3回目はロングスパートで勝負に出た。「毎年ラスト100mで負けていることをコーチに話したら、『ラスト800mから仕掛けて、2分を切ってこられれば、勝てるだろう』と言われていたんです。でも、持たなかったですね」と大迫。このときも佐藤の壁は厚かった。

1年前の日本選手権5000mは、村山紘太(旭化成)との一騎打ちが待っていた。大迫vs村山紘、どちらのキック力が上なのか。ファンがドキドキしながら見守るなか、最後の直線で村山が大迫の横に並ぶ。そして、逆転。大迫は0.50秒差で敗れた。

「レースとしては予定通りです。あのまま行けると思ったんですけど、ラストは動きが硬くなってしまいましたね。どうすれば勝てるのか。周囲はいろいろ言いますけど、それを決めるのは僕自身ですし、変化していくのも僕自身。今はまだ差がないかもしれないですけど、2~3年後は自分が先に行っているという気持ちで練習をしています」

4年連続2位に終わった後、大迫はこう話していた。このときは調子が落ちていたという大迫だが、日本選手権後に5000mで13分08秒40の日本記録を樹立した。北京世界選手権5000mでは、0.41秒差で決勝進出を逃すも、ラスト2000mを5分06秒でカバー。これまでの日本人にはできなかった走りを披露している。

そして、今年の日本選手権。ついに大迫の“秘めたるパワー”が爆発した。

続きは『東洋経済オンライン』で