東農大を卒業する〝スピードキング〟戸田雅稀の4年間

大学での4年間を振り返ると、順風満帆とはいきませんでした。トータルで考えると苦しくて、悔しかった思い出が半分以上を占めています。

関東の大学は「箱根駅伝」がチームとしての最大目標になりますが、自分が上級生になった3年時と4年時に出場できなかったことが本当に残念でなりません。

ただ個人としては、よく走れたかなという気持ちもあります。良い年、悪い年があり、ダメだった部分は今後に向けて良い経験になるはずです。最終学年ではキャプテンを務めて、責任感をもって競技に取り組むことができました。後悔はしていません。

4年間で監督の入れ替わりもありましたが、自主性を尊重していただき、感謝しています。自分の意見が伝えやすく、持ち味であるスピードを生かすようなメニューなど、自分のやりたい練習をやらせていただきました。箱根駅伝を目指すチームに多い、「20㎞専用機」になることなく、将来を考えると良かったなと思っています。

箱根予選会に出場した5人が卒業しますし、後輩たちには「厳しい戦い」が待っていることでしょう。でも、一人ひとりが責任感を持ち、自分がやるんだという気持ちで取り組むことができれば、箱根復帰のチャンスはあるはずです。僕たち卒業生の分まで、頑張ってほしいと思います。

4月からは日清食品グループに入社して、競技を続けます。大学では自分を犠牲にしてチームのためにという部分もありましたが、実業団では、トラック種目で自分の特性を生かせる機会が増えるので、得意種目で勝負できるのが今から楽しみです。

今後はトラック種目でスピードを磨いて、最終的には5000mで高みを目指したいと考えています。まずは2020年の「東京オリンピック」が最大の目標で、日の丸をつけて、5000mで世界と戦える選手になりたいです。

ニューイヤー駅伝は自分の地元・群馬で開催されます。1区、3区、8区は自分の持ち味が生かせる区間だと思うので、チームの「日本一」に貢献できるように頑張っていきたいです。

僕にはまだまだファンが少ないので(笑)、応援していただける方が増えるように、トラックや駅伝でしっかりアピールしていきたいと思います。皆さま、日清食品グループの戸田雅稀をよろしくお願いいたします!

(2016年3月31日)

●戸田雅稀(とだ・まさき)1993年6月21日生まれ、群馬県出身。東農大二高3年時にインターハイ1500mで優勝。東農大では関東インカレ2部1500mで連覇(12・13年)を果たすなどスピードを武器に活躍した。1500m(3分42秒14)、5000m(13分36秒42)、1万m(28分28秒27)、ハーフマラソン(1時間2分14秒)で農大記録を保持する。2016年4月からは日清食品グループ所属。

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

全日本大学駅伝は初優勝を目指す青山学院大がV候補 駒澤大、東海大は「1区」でアオガクを引き離せるか!?

11月6日(日)に開催される全日本大学駅伝のメンバーエントリーが11月4日に大会事務局から発表された

記事を読む

新・箱根駅伝も5区にドラマあり。距離短縮でも「山の神」は現れるのか!?

12月29日に箱根駅伝の「区間エントリー」が行われ、エースたちの区間配置が見えてきた。そこで、信じら

記事を読む

世界大会で惨敗した長距離ランナーが口にする〝言い訳〟とは?

メダルラッシュに沸いたリオ五輪だが、フィナーレを飾る男子マラソンは〝残念な感じ〟に終わった。出場した

記事を読む

竹澤健介が選ぶ〝ベストレース〟と悔しい気持ち

竹澤健介が今シーズン限りの「引退」を表明した。その〝真相〟は『webスポルティーバ』に寄稿した通りだ

記事を読む

5区短縮で変わる箱根駅伝 どの大学が有利になるのか!?

来年正月に行われる第93回箱根駅伝から往路の小田原中継所の位置が変わり、5区の距離が23.2kmから

記事を読む

箱根駅伝 青学大に往路V3を運んだ〝湘南の神〟秋山の復活物語

2区終了時で、首位を独走するのは神奈川大。第93回箱根駅伝はちょっと意外な展開で幕を開けた。「3連覇

記事を読む

箱根から世界を走った「早稲田の 竹澤健介」が語る引退の真相

こんなに晴れやかな表情の竹澤健介を見たのは初めてかもしれない。所属する住友電工の本社(東京)を訪ねる

記事を読む

全日本大学駅伝の関東学連選考会 紫紺のエースが見せた気迫の走り

バスを降りると、暗闇のなかにスタジアムのライトが輝いていた。近づくにつれて、声援が大きくなっていく。

記事を読む

現役・女子マネージャーが分析する「箱根駅伝」人気の裏側

リオ五輪では、順天堂大・塩尻和也(2年)がインビテーションで追加され、男子3000m障害に出場した。

記事を読む

3度目の挑戦でセミファイナルに進出した安部が感じた〝世界の実力〟と今後について

400mハードルの安部孝駿(デサント)にとって、ロンドン世界選手権が今後へのターニングポイントになる

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー