東京マラソンの日本勢惨敗。もう、世界との差は埋まらないのか……

今や世界のメジャーレースのひとつになった東京マラソン。日本勢は今夏のリオ五輪の男子代表選考会を兼ねていたが、「無様な結果」が待ち構えていた。

レース序盤から「世界」を意識した戦いができなかった。7㎞付近で外国勢がペースアップすると、日本勢は早くも引き離される。「今井(正人)さんしか見ていなかったので、ペースを上げたのが分からなかった。気づいたら差がついていたんです」と村山謙太(旭化成)が慌てて追いかけた。

しかし、他の日本勢は海外勢との勝負をあきらめて第2グループを形成。五輪選考の意識も働き、誰もペースメーカー役を引き受けなかった。中間点でトップ集団に約2分差をつけられ、30㎞付近まで大集団のスローペースが続いた。

 

東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと

『東京マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと』

 

日本勢で唯一、積極果敢なレースを見せた23歳の村山は、なぜ他の選手がついてこないのか不思議に思ったという。「前方で走らないと優勝は無理ですし、日本人トップを狙うレースでは世界と戦えない」と迷いはなかった。

村山は快調にレースを進め、中間点を1時間2分53秒で通過する。好タイムの期待が高まったが、その村山も22㎞付近でトップ集団から脱落。右足にできたマメが割れ、「爪先から麻痺してきて、全身の力が入らなかった」と一気にペースダウンした。「吸収されたら終わりだと思っていた」という日本マラソン界の新星は、35㎞過ぎに後続の選手たちに飲み込まれた。

20㎞以降、5㎞16分台というスローペースになった日本人集団に変化があったのは、30㎞を過ぎてからだった。22歳の服部勇馬(東洋大4年)がアタックを開始し、30~35㎞の5㎞を14分54秒で軽快に駆け抜け、他の日本勢を引き離す。そして、給水所付近で村山に並ぶと一気に突き放した。

「集団のペースが落ち着いたので、レースが動くところで対応して、できたら抜け出したいと考えていました」という服部にとって、狙い通りの展開になり、35㎞地点では、村山を除く他の日本勢に25秒以上のリードを奪った。「自分が思っている以上に他の選手が付いてこなかったので、気持ちが楽になりましたし、いいフォームを心がけて走っていたんですけど、残り5㎞で体が動かなくなって……」と今度は服部が苦しむことになる。

続きを『web スポルティーバ』で読む