駒澤大はユニバの金銀メダリストで「往路勝負」にかける

青山学院大学が4連覇を狙う第94回箱根駅伝。過去に4連覇以上を達成した大学は5校あるが、その5校目にあたるのが駒澤大学だ。同校は、大八木弘明監督が1995年に母校の指揮官に就任してから、一気に強豪校へと進化を遂げた。大八木体制3年目の第74回大会(1998年)で過去最高の2位に食い込むと、第76回大会(2000年)で初優勝し、第78~第81回大会(2002年~2005年)に4連覇を達成。4年間で選手が卒業する学生スポーツで、しかも、ひとりのブレーキが致命傷となる箱根駅伝では”神業”ともいうべき勝ち方と言っていい。

駒大が黄金時代を築いたのは、山上りの5区が最長区間になる前のこと。往路をトップが見える位置で折り返し、選手層の厚さを生かして復路で逆転するのが”勝利の方程式”だった。実際に、4連覇を果たしたなかで3回が復路での逆転優勝だ。

しかし、駒大が4連覇した直後の第82回大会(2006年)から、往路の「小田原中継所」の位置が変わり5区が最長区間となったことで、駒大は箱根の頂点から遠ざかることになる。第82回大会からの11年間で駒大の優勝はわずか1回のみ。その間、全日本大学駅伝では7回の優勝を果たすなど強大な戦力を擁しながら、箱根では”山の神”と呼ばれた選手のいる大学に覇権を握られてきたのだ。

続きは『webスポルティーバ』で