箱根駅伝で3強崩しを狙う早稲田。 勝つチャンスは「山」にあり

駅伝において、早稲田大ほど「名門」という言葉が似合う大学はないだろう。箱根駅伝には第1回大会(1920年)から出場して、13回の総合優勝。OBには瀬古利彦、渡辺康幸、竹澤健介、大迫傑らが名を連ねる。

そのDNAを引き継ぐも、今季は出雲で9位、全日本で7位。近年では〝ワースト〟ともいえる結果だったが、主将・安井雄一(4年)は「総合優勝を狙っています!」とキッパリ口にする。就任3年目の相楽豊駅伝監督も「出雲と全日本の結果からすると簡単ではありませんが、チームの年間目標は『箱根駅伝の優勝』です。我々にはノウハウがありますし、距離が延びれば延びるほど戦えるチーム。総合優勝にチャレンジしたい」と話す。

出雲と全日本の結果については、「少しのミスでこういう結果になってしまったのかなと思います」と安井は分析している。出雲は2区終了時で6位につけるも、3区のエース永山博基(3年)で9位に転落。全日本は5区を任された宍倉建浩(1年)が区間20位に沈むなど、チグハグな駅伝になった。しかし、ここにきて、チームの足並みが揃いつつある。

続きは『webスポルティーバ』で