3年目ライターのちょっと早い2017年総括。今年の目標「ライター収入150万円以上」が見えてきた。

3年目ライターのMATSUです。今回は5月の投稿以来、久しぶりに近況を報告したいと思います。

前回(5月)の投稿を簡単にまとめると、以下のような感じでした。
・春から新たに2つの媒体で執筆開始
・ライターとしての収入源が4つに
・4月末の段階で「ライター収入」より「アルバイト収入」の方が高い(笑)

そこから半年が経ち、ずいぶんと状況が一変しました。まず変わったことといえば、さらに仕事が増え、収入源が5つになったこと。そしてそれに伴い、「ライター収入」(原稿料)が飛躍的に安定してきたことが挙げられます。

正直5月の段階では、ライターとしての収入は月10万円もいけば良いほうでした。ところが仕事が増え始めたことで、8月から一度も月15万円を下回っていません。むしろ、いまのペースだと今後も下回ることはないかな。

もっと言うと、それとは別に某雑誌編集部でのアルバイト活動も継続しているので、両方合わせた収入は月平均約26万円(10月末現在)。昨年は月平均約19万円だったので、およそ7万円も収入がアップしました。アルバイト収入はずっと横ばいで推移しているので、純粋にライターとしての収入が月あたり7万円上昇したことになります。

あなただけの〝特別な1冊〟を作成します!

思えば2015年9月にフリーライター生活をスタートさせて以降、さまざまな紆余曲折がありました。昨年の4月にはライターとしてあるまじき原稿料0円(笑)を記録し、一時期は文章の書き方がわからなくなるスランプにも悩まされた……。

でもそんな時期を乗り越え、昨年10月には初めて月の原稿料が10万円の大台を突破。そこからは徐々に軌道に乗っていき、現在まで突っ走ってきました。

現状の感想としては、年初に立てた目標「ライターとしての年収(原稿料)が150万以上」「総年収300万円」を両方達成できそうなペースなので、思った通りにきている印象です。まぁ、だいぶハードルの低い目標なので達成して当然なのですが(笑)。

ちなみに4月末の時点で「ライター収入」より「アルバイト収入」の方が高いという状況でしたが、10月末時点ではしっかりと逆転しています。

<10月末時点での年間収入>
「アルバイト料」・・・1,260,040円(上半期854,010円、下半期406,030円)
「原稿料」・・・1,292,800円(上半期681,785円、下半期611,015円)
「総年収」・・・2,552,840円(上半期1,535,795円、下半期1,017,045円)

ライター経験ゼロ、知識ゼロ、人脈ゼロの状態からこの世界に飛び込んできましたが、正直「何とかなる」というのが3年目を迎えた感想です。もちろん、スタートした当初は厳しい現実が待ち受けていました。バイトと掛け持ちしなければ、とてもやっていけなかったと思います。それでも、ようやくライター業1本で食っていける見通しが立ち、来年からはより本格的に活動を始めていくつもりです。

「えっ、ライターとしての年収が150万円程度でやっていけんの?」という声が聞こえてきそうですが(笑)、仮に今やっているバイトを辞めたとしたら、月あたり80~100時間ほど浮かすことができるんです。その分、他の仕事に時間を費やすことが可能になるので、まぁ単純にもっといけるだろうと楽観視しています。

同年代(社会人4年目)の就職していった友人たちに話を聞くと、およそ70%はすでに転職を経験している模様です。結局会社員とかフリーランスとか関係なく、自分が満足できる働き方をしている人ってほとんどいないんですよね。そういう意味では、年々満足度が上がっている自分は幸せ者なのかな、と思ってしまう3年目ライターなのでした。

MATSUの前回投稿(毎月25日)

●MATSU 1991年生まれ、東京都出身。スポーツ専門誌の編集部でアルバイトをしながら、スポーツライターの道を模索中。中学・高校は陸上部で5000mの自己ベストは15分43秒67。大学はラクロス部