箱根駅伝は大混戦必至! 10倍面白く観戦するポイントは?

連覇を狙う青学大か、それとも出雲Vの東海大か。〝2強対決〟が予想されていた11月5日の全日本大学駅伝(以下、全日本)。ダークホースの神奈川大が優勝をさらい、正月の箱根駅伝は大激戦の予感が漂ってきた。

正月の本番まで残り約50日。ここから学生ランナーたちは本格的に〝箱根仕様〟のトレーニングにシフトしていくことになるが、どんな戦いが予想されるのか。全日本の結果を踏まえて、「箱根駅伝の見方」をお教えしたいと思う。

第94回大会となる今回は4連覇を目指す青学大、スピード駅伝の出雲を制した東海大、全日本で20年ぶりの優勝を飾った神奈川大。この3強を軸に展開されることになるだろう。そのなかで序盤に〝超強力カード〟を切ってくるのが神奈川大になる。

1区は1万mの神奈川大記録(28分29秒43)を保持する山藤篤司(3年)が濃厚で、2区には「学生ナンバー1」の呼び声高い鈴木健吾(4年)がスタンバイしているからだ。前回は1区山藤が5位で滑り出すと、2区鈴木が日本人歴代5位の1時間7分17秒と快走して、トップに立っている。

7月に左股関節を痛めた鈴木は「8割ほどの状態」(大後栄治監督)で、全日本8区(19.7km)を日本人歴代2位の57分24秒で走破。東海大・川端千都(4年)と青学大・鈴木塁人(2年)に1分30秒以上の差をつけた。鈴木健吾は最後の箱根で、2区の日本人最高タイム(1時間6分46秒)の更新を狙っており、東海大と青学大の両校に2分近い大差をつけられるだけの爆発力を秘めている。

加えて神奈川大は他区間の戦力も整いつつある。前回は3区で早々と首位を受け渡したが、前回3区(区間15位)の越川堅太(2年)は全日本5区で区間賞を獲得するなど成長。1万m28分台で前回6区を担った鈴木祐希(4年)を往路にまわすプランもある。神奈川大は2区までの「貯金」を生かして、逃げ切る作戦で20年ぶりの総合Vを目指す。

トラックのタイムでトップ争いをしている青学大と東海大は似たようなチーム構成になる。ともに花の2区に〝大砲〟がおらず、その他の区間でアドバンテージを奪う戦略になるだろう。

続きは『Business Journal』で