桐生が「9秒台」に到達できた理由と今後の可能性

日本人スプリンターが速報タイムを「9.99」で止めたのは、バンコク・アジア大会(1998年12月)の伊東浩司以来。そのときの公式タイムは「10.00」だったが、今回は「9.98」に変わり、福井県営陸上競技場につめかけた8000人の観衆から地鳴りのような大歓声がこだました。

速報タイムが「9.99」でストップしたとき、筆者は本当に脚が震えた。歴史的瞬間を目撃したという喜びと、まさか出るなんて、という驚き。レース後に聞くと、桐生祥秀(東洋大)はタイムを気にしていなかったし、土江寛裕コーチも「今回は記録を出す準備ができていなかった」という。

そういう意味では、今回の9秒台は「出てしまった記録」といえるかもしれない。それは、2013年4月29日の織田記念で当時17歳の桐生が10秒01をマークしたときと同じだ。しかし、4年前は何の前触れもないままに出た好タイムだったが、今回は9秒台を出すための下地は十分にあった。

学生日本一を決める日本インカレは、ロンドン世界選手権で銅メダルを獲得した男子4×100mリレーメンバーの桐生と多田修平(関西学大)が激突。ふたりがレースを終えるごとにフラッシュインタビューの場が設けられるなど、その注目度は高く、予選から異様な盛り上がりだった。

そして、ホームストレートにはさわやかな風がゴールに向かって吹いていた。「桐生君の動きを見て、このタイミングで出さないと9秒台は永遠に出ないのかなというくらい条件が整っていました」と日本陸連の伊東浩司強化委員長が言うくらいスタジアムの雰囲気は素晴らしかった。

しかし、主役のふたりはともに万全な状態ではなかった。多田は世界選手権、ユニバーシアードの疲労が残っており、桐生は世界選手権で痛めた左ハムストリングに不安を抱えていたからだ。桐生に関しては、200m予選を走った後に、「100m決勝は出場するのかわかりません」と話すほど、慎重に脚の状態を確認していた。

ロンドンから帰国した桐生は、スピード練習ができずに、スパイクを履いたのは予選の前日だった。その間、250m走を中心に行い、日本インカレでは、「中盤から後半」を意識したレースを組み立ててきた。土江コーチも「正直、記録がでるようなプロセスではなかった」と話す。予選、準決勝の走りを見ても、絶好時の勢いは感じられなかったが、決勝では日本選手権で先着された多田との対決になり、「魂で走るタイプ」(土江コーチ)の桐生が〝豹変〟する。

続きは『THE PAGE』で

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

日本選手権で「長距離2冠」に挑む鈴木亜由子に注目する理由

明日から開催される日本陸上競技選手権大会(以下、日本選手権)で、最も注目したい女性アスリートが鈴木亜

記事を読む

エースたちの早すぎる引退 箱根駅伝は選手を潰すのか!?

箱根駅伝がランナーたちをダメにしているのは!? と関係者の間では、前々から言われてきた。この春にもシ

記事を読む

高速化する東京マラソン 日本人ランナーの2時間6分台に期待!

大会2日前に行われたプレスカンファレンスは、例年以上の〝熱気〟に包まれた。その最大の理由は、男子招待

記事を読む

東農大を卒業する〝スピードキング〟戸田雅稀の4年間

大学での4年間を振り返ると、順風満帆とはいきませんでした。トータルで考えると苦しくて、悔しかった思い

記事を読む

社会人1年目、戸田雅稀がトラックシーズンを振り返る

最初の試合から1500mで自己ベストが出るなどトラックシーズンの入りは非常に良かったと思います。しか

記事を読む

注目を集めた大迫傑と神野大地、福岡国際マラソンで明暗をわけたもの

昔のことはわからないが、2000年以降で福岡国際マラソンのスタート・ゴールとなる平和台陸上競技場に最

記事を読む

箱根駅伝を諦めた男たちが手にした「成功」

キラキラした方向に引き寄せられるのは世の常かもしれない。皆が同じ方向を見ているわけではないが、世間の

記事を読む

「山の神」から「マラソンの神」へ 神野大地が明かすデビューの戦略

充実のシーズンを過ごして、青梅マラソンで30kmレースも経験。社会人2年目を迎える神野大地(コニカミ

記事を読む

アスリートの「第二の人生」、その厳しい現実

先日、大学陸上部の同期と久々に集まった。懐かしい顔がそろい、自然と会話が弾む。お酒が進むなか、かつて

記事を読む

2016年シーズンも青学大が〝優勢〟の予感

関東インカレが終わり、各大学の「戦力」が見えてきた。2016年シーズンの学生駅伝はどんな戦いになるの

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー