男子4×100mリレー〝銅メダル〟の裏に隠れたドラマ

昨年のリオ五輪に続く「メダル」を目指した男子4×100mリレー。日本は1走・多田修平(関学大)、2走・飯塚翔太(ミズノ)、3走・桐生祥秀(東洋大)、4走・藤光謙司(ゼンリン)というオーダーで臨み、38秒04で3位に入り、銅メダルを獲得した。大会9日目(8月12日)にして、日本勢に今大会初のメダルをもたらした4継チームだが、その舞台裏には数々のドラマが交錯していた。

大会6日目(8月9日)の男子200mでサニブラウン・ハキーム(東京陸会)が準決勝突破を決めたとき、日本陸連短距離担当の苅部俊二・五輪強化コーチの頭のなかには、1走・サニブラウン、2走・飯塚、3走・桐生、4走・ケンブリッジ飛鳥(Nike)というオーダーが固まりつつあった。

「200mの準決勝が終わったとき、ハキームは『いけるかな』という感じがあったんです。本番の前日にリレー練習をやってみて、良ければ起用する方針でした。1走にするか、アンカーにするかは確定してなかったんですけど、1走が有力でしたね。しかし、翌日の200m決勝でああいうかたちになって、起用するのは難しいと判断しました」

大会7日目(8月10日)の男子200m決勝でサニブラウンは右ハムストリングスに痛みが出て、後半に失速。史上最年少で男子200mのファイナルに進出した19歳のリレー起用をあきらめ、多田の1走を決めた。そして、大会9日目(12日)の10時55分から行われた男子4×100mリレー予選(1組)には、1走・多田、2走・飯塚、3走・桐生、4走・ケンブリッジというオーダーで出場。アメリカ、イギリスに続く38秒21の3位で予選を通過するも、苅部コーチは決勝で「メダル」を狙うべく、〝手術〟を決断した。

「今回はメダルを獲りにいきたいと思っていたので、予選からメダルを狙えるメンバーで臨みました。でも、予選のタイムは6番目で、上位のジャマイカ、アメリカ、イギリスとはタイム差がありました。何か手を施さないと、メダルには届かない。足長(バトンパスの距離)をいじることはもちろん、メンバーを変えることも我々の選択でした。予選のレースを見て、4走・ケンブリッジがバトンに不安があり、リオ五輪と比べて走りも精彩を欠いていました。相当悩みましたけど、チェンジすることにしました」

新たにアンカーに抜擢されたのが31歳の藤光だった。16時30分から予定していたミーティングの前に、苅部コーチは藤光を呼び出して、体調とメンタル面を確認。5分ほど押してスタートしたミーティングで、4走のメンバーチェンジを発表した。

続きは『THE PAGE』で

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

18歳のサニブラウンが振り返るロンドン世界選手権2017

男子200mで史上最年少の決勝進出を果たすなど、ロンドン世界選手権で〝特別な輝き〟を放ったサニブラウ

記事を読む

Wメダル&トリプル入賞 日本の男子50km競歩はなぜ強いのか

ロンドン世界選手権の最終日。バッキンガム宮殿前付近の周回コースで行われた男子50km競歩は日本勢が圧

記事を読む

サニブラウンが男子200m決勝を走った直後に語った〝言葉〟

ロンドン世界選手権の男子200mで、18歳157日という史上最年少でファイナルに進出したサニブラウン

記事を読む

出雲、全日本で敗れた青学大 箱根の〝逆襲V〟はあるのか!?

昨季、「駅伝3冠」と「箱根V3」を達成した王者・青学大が苦しんでいる。10月の出雲駅伝は東海大のスピ

記事を読む

史上最年少ファイナリストのサニブラウンはメダルを獲得できるのか

朝から冷たい雨が降っていたロンドン。気温14~15度という寒さのなかでも、世界選手権が開催中のロンド

記事を読む

注目を集めた大迫傑と神野大地、福岡国際マラソンで明暗をわけたもの

昔のことはわからないが、2000年以降で福岡国際マラソンのスタート・ゴールとなる平和台陸上競技場に最

記事を読む

桐生が「9秒台」に到達できた理由と今後の可能性

日本人スプリンターが速報タイムを「9.99」で止めたのは、バンコク・アジア大会(1998年12月)の

記事を読む

収益は-25万円? ロンドン世界陸上を取材したスポーツライターの現実

仕事で2週間ほどロンドンに行くんです、そう言うと、ほとんどの人が「いいですね!」とうらやましそうな顔

記事を読む

日本人スプリンターはロンドン世界陸上で〝9秒台〟を出せるのか

本日から開幕する陸上競技のロンドン世界選手権。大会初日(4日)から注目を集める男子100mが行われる

記事を読む

日本人選手がいなくても世界はまわる。男子1万mにはファラーという〝神〟がいた。

開幕したロンドン世界選手権、大会初日のクライマックスは男子1万mだった。地元の英雄、モハメド・ファラ

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー