男子4×100mリレー〝銅メダル〟の裏に隠れたドラマ

昨年のリオ五輪に続く「メダル」を目指した男子4×100mリレー。日本は1走・多田修平(関学大)、2走・飯塚翔太(ミズノ)、3走・桐生祥秀(東洋大)、4走・藤光謙司(ゼンリン)というオーダーで臨み、38秒04で3位に入り、銅メダルを獲得した。大会9日目(8月12日)にして、日本勢に今大会初のメダルをもたらした4継チームだが、その舞台裏には数々のドラマが交錯していた。

大会6日目(8月9日)の男子200mでサニブラウン・ハキーム(東京陸会)が準決勝突破を決めたとき、日本陸連短距離担当の苅部俊二・五輪強化コーチの頭のなかには、1走・サニブラウン、2走・飯塚、3走・桐生、4走・ケンブリッジ飛鳥(Nike)というオーダーが固まりつつあった。

「200mの準決勝が終わったとき、ハキームは『いけるかな』という感じがあったんです。本番の前日にリレー練習をやってみて、良ければ起用する方針でした。1走にするか、アンカーにするかは確定してなかったんですけど、1走が有力でしたね。しかし、翌日の200m決勝でああいうかたちになって、起用するのは難しいと判断しました」

大会7日目(8月10日)の男子200m決勝でサニブラウンは右ハムストリングスに痛みが出て、後半に失速。史上最年少で男子200mのファイナルに進出した19歳のリレー起用をあきらめ、多田の1走を決めた。そして、大会9日目(12日)の10時55分から行われた男子4×100mリレー予選(1組)には、1走・多田、2走・飯塚、3走・桐生、4走・ケンブリッジというオーダーで出場。アメリカ、イギリスに続く38秒21の3位で予選を通過するも、苅部コーチは決勝で「メダル」を狙うべく、〝手術〟を決断した。

「今回はメダルを獲りにいきたいと思っていたので、予選からメダルを狙えるメンバーで臨みました。でも、予選のタイムは6番目で、上位のジャマイカ、アメリカ、イギリスとはタイム差がありました。何か手を施さないと、メダルには届かない。足長(バトンパスの距離)をいじることはもちろん、メンバーを変えることも我々の選択でした。予選のレースを見て、4走・ケンブリッジがバトンに不安があり、リオ五輪と比べて走りも精彩を欠いていました。相当悩みましたけど、チェンジすることにしました」

新たにアンカーに抜擢されたのが31歳の藤光だった。16時30分から予定していたミーティングの前に、苅部コーチは藤光を呼び出して、体調とメンタル面を確認。5分ほど押してスタートしたミーティングで、4走のメンバーチェンジを発表した。

続きは『THE PAGE』で

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

関連記事

安藤友香は金メダルまで突っ走るか!? 「脱・駅伝」スズキが見せたマラソンの可能性

マラソンシーズン中、常に暗い顔をしていた日本陸連の瀬古利彦長距離マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

記事を読む

日本人選手がいなくても世界はまわる。男子1万mにはファラーという〝神〟がいた。

開幕したロンドン世界選手権、大会初日のクライマックスは男子1万mだった。地元の英雄、モハメド・ファラ

記事を読む

3度目の挑戦でセミファイナルに進出した安部が感じた〝世界の実力〟と今後について

400mハードルの安部孝駿(デサント)にとって、ロンドン世界選手権が今後へのターニングポイントになる

記事を読む

ボストンで3位に食い込んだ大迫傑。その特異なキャリアと今後の可能性

冬の時代が続く日本マラソン界に〝春〟を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(ナイキ・オ

記事を読む

サニブラウンが男子200m決勝を走った直後に語った〝言葉〟

ロンドン世界選手権の男子200mで、18歳157日という史上最年少でファイナルに進出したサニブラウン

記事を読む

なぜ日本人スプリンターは9秒台を出せずに準決勝で敗退したのか

ロンドン世界選手権で日本人スプリンターの9秒台はあるのか? 予選を終えた時点で、その〝期待感〟は十分

記事を読む

入賞を逃した3人が感じたマラソンで世界と戦うために必要なこと

ロンドン世界選手権のマラソンは日本にとって厳しい結末が待っていた。男子はケニアとエチオピアの6名以外

記事を読む

過去最多9名が出場予定、留学生ランナーが変える箱根予選会地図

前回は7分の3だったが、今回は9分のいくつなのか? 2018年の正月に開催される第94回箱根駅伝。そ

記事を読む

8月4日開幕の「ロンドン世界陸上」、ボルトのラストランを見逃すな!

3年目ライターのMATSUです。今年は陸上ファンにとって待ちわびた〝あの〟大会が開催される年ですね。

記事を読む

史上最年少ファイナリストのサニブラウンはメダルを獲得できるのか

朝から冷たい雨が降っていたロンドン。気温14~15度という寒さのなかでも、世界選手権が開催中のロンド

記事を読む

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー