日本の男子100mに〝新時代〟到来 王者サニブラウンの可能性とは!?

誰が勝つのか!? かつてないほどのワクワク感が日本選手権の男子100m決勝には渦巻いていた。ロンドン世界選手権の参加標準記録(1012)を突破した5人のスプリンターは静かに〝勝負のとき〟を待つ。1001の桐生祥秀(東洋大)、1003の山縣亮太(セイコー)、1006のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、1008のケンブリッジ飛鳥(Nike)、1008の多田修平(関学大)。史上最高レベルの激戦を制したのは18歳のサニブラウンだった。

レース当日に21歳を迎えた多田が飛び出すと、サニブラウンも好スタートを切る。中盤以降は最年少スプリンターの独壇場だった。長いストライドを生かして、グングンと加速。意外な大差をつけて、サニブラウンが真っ先にフィニッシュラインを駆け抜けた。大粒の雨に「9秒台」は阻まれたものの、自己ベスト&日本歴代6位の1005(+0.6)をマーク。2位は多田で1016、3位はケンブリッジで1018。桐生は1026の4位に沈み、個人種目でのロンドン世界選手権出場は絶望的になった。右足首の負傷で調整が遅れていた山縣は1039の6位に終わった。

100m日本記録保持者で日本陸連の伊東浩司強化委員長は「ハキーム君が強い。その一言に尽きるかなと思います」と新王者になったサニブラウンを高く評価して、「前日の条件なら9秒台が出ていた」と気象条件を残念がった。そして、「旬を取り損ねると難しい。一気に9秒台へ駆け上がってもらいたい」と話していた。

筆者は今回の日本選手権で男子100mが〝新時代〟に突入したと感じている。

続きは『THE PAGE』で