なぜ東京五輪を見据えなかったのか? 世界陸上男子マラソン選考の是非

3月17日に行われたロンドン世界選手権のマラソン日本代表選手発表会見。予定時刻になっても登壇者は現れなかった。選考がもめているのか? と勝手に〝期待〟していたが、5分ほどオーバーして始まった会見はスム

続きを見る

安藤友香は金メダルまで突っ走るか!? 「脱・駅伝」スズキが見せたマラソンの可能性

マラソンシーズン中、常に暗い顔をしていた日本陸連の瀬古利彦長距離マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが“最後のレース”を終えて、ようやく笑顔を見せた。「今日は大ハッピー! 張本さんでいえば、大あっぱれ

続きを見る

終わりかよ!? フリーペーパー『R25』のライター事情

またひとつの時代が終わる。かつて首都圏で社会現象を巻き起こした『R25』が完全終了することになったからだ。 『R25』は2004年7月1日にリクルートが創刊したフリーペーパーで、30歳以上の方は

続きを見る

将来就きたい仕事ランキングにスポーツライターが入る時代がやってくる!?

先日、アデコ株式会社より小中学生を対象にした「将来就きたい仕事ランキング」が発表されました。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000365.000001264.

続きを見る

期待されたびわ湖は惨敗 男子マラソン「日本代表」はどうなる!?

3月5日にびわ湖毎日マラソンが行われ、今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表選考レースがすべて終了した。びわ湖では注目を集めた一色恭志(青学大)が30km過ぎで途中棄権。初マラソンの村澤

続きを見る

箱根の「新旧エース対決」と 男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

3月5日に行われる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表争いが〝混迷〟しているからだ。男子の選考レースは4つあり、代表枠は最大3

続きを見る

素直な心と一緒に楽しめる仲間がRUNを〝加速〟させる!

23回に渡ってお送りさせていただいた、ゆるランナー視点のこのブログもいよいよ最終第24回です。ゴールに相応しい素晴らしいトピック、それが東京マラソン2017! ”New Way, New Tok

続きを見る

高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的な弱点

東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は〝初速度〟が違っていた。3万5千人を超えるランナーたちの先頭を、アフリカ勢が圧巻のスピードで駆け抜けていく。ベルリンやロンドンなどで見られていた

続きを見る

高速化する東京マラソン 日本人ランナーの2時間6分台に期待!

大会2日前に行われたプレスカンファレンスは、例年以上の〝熱気〟に包まれた。その最大の理由は、男子招待選手のゼッケンナンバー1、ウィルソン・キプサング(ケニア)が「2時間2分50秒」というターゲットタイ

続きを見る

マラソンの〝サブ4〟なんて簡単だ! 月間100km未満で達成する方法を教えます

マラソンシーズン真っ盛り。本番に向けて、せっせと走っているランナーも多いことだろう。しかし、なんとなく走っているようだと、なんとなくの結果で終わってしまうもの。そこで、今回は必ず結果が残せる「マラソン

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー