高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的な弱点

東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は〝初速度〟が違っていた。3万5千人を超えるランナーたちの先頭を、アフリカ勢が圧巻のスピードで駆け抜けていく。ベルリンやロンドンなどで見られていた

続きを見る

高速化する東京マラソン 日本人ランナーの2時間6分台に期待!

大会2日前に行われたプレスカンファレンスは、例年以上の〝熱気〟に包まれた。その最大の理由は、男子招待選手のゼッケンナンバー1、ウィルソン・キプサング(ケニア)が「2時間2分50秒」というターゲットタイ

続きを見る

マラソンの〝サブ4〟なんて簡単だ! 月間100km未満で達成する方法を教えます

マラソンシーズン真っ盛り。本番に向けて、せっせと走っているランナーも多いことだろう。しかし、なんとなく走っているようだと、なんとなくの結果で終わってしまうもの。そこで、今回は必ず結果が残せる「マラソン

続きを見る

良案件を見つけ出せ! クラウドソーシングで仕事を受注する時の注意点とは?

2年目ライターのMATSUです。最近は初の確定申告に向けて、せっせと準備を進めているところであります(これがまた慣れないとメンドクサイ……)。 さて、僕のような新米ライターが一度は周りに薦められ

続きを見る

「チーム・アオガク」は日本のマラソンを変えることができるのか!?

正月の箱根駅伝で3連覇を達成した青学大が次なる〝野望〟に向けて動き出している。原晋監督が「サンキュー大作戦パート2」と命名したマラソンへの挑戦だ。メディアを通じて、様々な提言をしている原監督だが、スポ

続きを見る

河津桜を目指して、伊豆じゃなくて〇〇〇を走る!

花と鳥と空と海。 このブログを毎回楽しみにしている皆様、え? いない? じゃあ、たまたま前回のブログを読んで今、このブログを読んでいる皆様、え?いない? じゃあ、たまたま今、このブロ

続きを見る

ライター志願者が読むべき5冊の「フリーライター指南書」

2年目ライターのMATSUです。最近いろんなライターの方とお会いするのですが、ライターになった経緯、年齢など、本当に様々です。 僕は大学4年生の夏に「スポーツライターになろう」と決意したのですが

続きを見る

竹澤健介が選ぶ〝ベストレース〟と悔しい気持ち

竹澤健介が今シーズン限りの「引退」を表明した。その〝真相〟は『webスポルティーバ』に寄稿した通りだが、文字数の関係で書けなかったことを、ここに記したいと思う。 今回の取材で強く感じたのは、彼が

続きを見る

箱根から世界を走った「早稲田の 竹澤健介」が語る引退の真相

こんなに晴れやかな表情の竹澤健介を見たのは初めてかもしれない。所属する住友電工の本社(東京)を訪ねると、スーツ姿の竹澤が「ご無沙汰しております」と笑顔で現れた。 まだ30歳になったばかりの彼が、

続きを見る

巨大観覧車を目指して、ひたすら西へ!

東京を西へ東へ。早いもので新年明けて、もう1ヵ月が過ぎ去りました。 月が終わるとき、いつもホールケーキを思い浮かべます。1月が終わると1/12欠けたケーキ、2月が終わると1/6欠けたケーキ、3月

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー