Wメダル&トリプル入賞 日本の男子50km競歩はなぜ強いのか

ロンドン世界選手権の最終日。バッキンガム宮殿前付近の周回コースで行われた男子50km競歩は日本勢が圧巻のパフォーマンスを発揮する。荒井広宙(自衛隊体育学校)が3時間41分17秒で銀メダル、小林快(ビッ

続きを見る

男子4×100mリレー〝銅メダル〟の裏に隠れたドラマ

昨年のリオ五輪に続く「メダル」を目指した男子4×100mリレー。日本は1走・多田修平(関学大)、2走・飯塚翔太(ミズノ)、3走・桐生祥秀(東洋大)、4走・藤光謙司(ゼンリン)というオーダーで臨み、38

続きを見る

サニブラウンが男子200m決勝を走った直後に語った〝言葉〟

ロンドン世界選手権の男子200mで、18歳157日という史上最年少でファイナルに進出したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)。決勝ではスタートから攻め込んだものの、コーナーを抜けたあたりでリズムを崩して

続きを見る

史上最年少ファイナリストのサニブラウンはメダルを獲得できるのか

朝から冷たい雨が降っていたロンドン。気温14~15度という寒さのなかでも、世界選手権が開催中のロンドン・スタジアムは熱気に包まれていた。決勝種目を除くと、大会6日目(8月9日)をヒートアップさせたのは

続きを見る

3度目の挑戦でセミファイナルに進出した安部が感じた〝世界の実力〟と今後について

400mハードルの安部孝駿(デサント)にとって、ロンドン世界選手権が今後へのターニングポイントになるかもしれない。他の日本勢が苦戦するなか、3回目の世界選手権となる安部は予選(1組)を49秒65の2着

続きを見る

入賞を逃した3人が感じたマラソンで世界と戦うために必要なこと

ロンドン世界選手権のマラソンは日本にとって厳しい結末が待っていた。男子はケニアとエチオピアの6名以外に、2時間8分未満のタイムを持つランナーは2名のみ。「入賞」のチャンスは十分にあったが、川内優輝(埼

続きを見る

箱根駅伝を諦めた男たちが手にした「成功」

キラキラした方向に引き寄せられるのは世の常かもしれない。皆が同じ方向を見ているわけではないが、世間の“人気”は偏っている。しかし、そこに才能のミスマッチが生まれることもある。本人はAで結果を残そうとが

続きを見る

なぜ日本人スプリンターは9秒台を出せずに準決勝で敗退したのか

ロンドン世界選手権で日本人スプリンターの9秒台はあるのか? 予選を終えた時点で、その〝期待感〟は十分にあった。夢の世界に最も近かったのが、18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)だ。

続きを見る

日本人選手がいなくても世界はまわる。男子1万mにはファラーという〝神〟がいた。

開幕したロンドン世界選手権、大会初日のクライマックスは男子1万mだった。地元の英雄、モハメド・ファラー(英国)がスタジアムに大興奮を呼び込んだ。ファラーがペースを上げると、観衆の声援も大きくなる。その

続きを見る

日本人スプリンターはロンドン世界陸上で〝9秒台〟を出せるのか

本日から開幕する陸上競技のロンドン世界選手権。大会初日(4日)から注目を集める男子100mが行われる。予選は20時20分(日本時間で5日5時20分)、準決勝は5日の19時05分(同6日3時05分)、決

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー