なぜ日本人スプリンターは9秒台を出せずに準決勝で敗退したのか

ロンドン世界選手権で日本人スプリンターの9秒台はあるのか? 予選を終えた時点で、その〝期待感〟は十分にあった。夢の世界に最も近かったのが、18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)だ。

続きを見る

日本人選手がいなくても世界はまわる。男子1万mにはファラーという〝神〟がいた。

開幕したロンドン世界選手権、大会初日のクライマックスは男子1万mだった。地元の英雄、モハメド・ファラー(英国)がスタジアムに大興奮を呼び込んだ。ファラーがペースを上げると、観衆の声援も大きくなる。その

続きを見る

日本人スプリンターはロンドン世界陸上で〝9秒台〟を出せるのか

本日から開幕する陸上競技のロンドン世界選手権。大会初日(4日)から注目を集める男子100mが行われる。予選は20時20分(日本時間で5日5時20分)、準決勝は5日の19時05分(同6日3時05分)、決

続きを見る

8月4日開幕の「ロンドン世界陸上」、ボルトのラストランを見逃すな!

3年目ライターのMATSUです。今年は陸上ファンにとって待ちわびた〝あの〟大会が開催される年ですね。2年に1度開かれるビッグイベント……。そう、「世界陸上」です。今回は、来月ロンドンで開催される世界陸

続きを見る

高校野球の過剰報道とメディアの責任

数日にわたり、「高校野球の報道」についてのツイートをしてきました。私が以前から感じていたことを素直に表現したわけですが、問題提起したのには、もうひとつの理由があります。それは、某メディアに「高校野球は

続きを見る

スポーツ報道に求められる〝フェアプレイ〟 なぜ「高校野球」だけが大きく取り上げられるのか?

日本人はなぜ高校野球が好きなのだろうか。特に「夏の甲子園」は〝特別な存在〟になっている。球児たちのひたむきな姿は美しく、チアリーダーや応援団のいるスタジアムは華やかだ。そして、メディアの露出も大きい。

続きを見る

100kmを走る「ウルトラマラソン」が爆発人気の理由

日本テレビのチャリティ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』が今年も8月26~27日に放送される。しかし、その看板企画である「24時間マラソン」の挑戦者が、まだ発表されていない。例年は5月下旬から6月

続きを見る

日本の男子100mに〝新時代〟到来 王者サニブラウンの可能性とは!?

誰が勝つのか!? かつてないほどのワクワク感が日本選手権の男子100m決勝には渦巻いていた。ロンドン世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破した5人のスプリンターは静かに〝勝負のとき〟を待つ。10

続きを見る

部活動は悪なのか?「ブラック部活問題」について思うこと

2017/06/25 | MATSU, スポーツ

3年目ライターのMATSUです。今回は珍しく社会派ネタに切り込んでいこうと思います。 皆さんは学生時代、部活動に所属していたでしょうか? 僕は中学から大学まで運動部に所属しており、ほぼ青春のすべ

続きを見る

全日本大学駅伝の関東学連選考会 紫紺のエースが見せた気迫の走り

バスを降りると、暗闇のなかにスタジアムのライトが輝いていた。近づくにつれて、声援が大きくなっていく。雨天のナイター決戦。紫紺のエースが時代の流れを食い止めた。僕にはそう見えた。 (a

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー