Love Run Girlsとの出会い

2012年4月某日。人生初の「皇居RUN」を体験しました。 結論から言うと…… ものすごい達☆成☆感☆! 何と何と、初チャレンジで皇居1周約5kmを完走できたのです!! 体育の

続きを見る

東農大を卒業する〝スピードキング〟戸田雅稀の4年間

大学での4年間を振り返ると、順風満帆とはいきませんでした。トータルで考えると苦しくて、悔しかった思い出が半分以上を占めています。 関東の大学は「箱根駅伝」がチームとしての最大目標になりますが、自

続きを見る

ライター〝0年目〟を振り返って

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。本日は3月31日の年度末ということで、僕の2015年度の活動を振り返ってみたいと思います。 専門学校2年生(&編集部バイト)として始まった〝0年目ライター

続きを見る

RUNへのキッカケのキッカケ

2012年にランニングクラブ Love Run Girls 通称「ラブラン」に入会して早、4年。 Time flies!! 東京の名立たるランドマークを駆け抜けるラブランのランニングコース

続きを見る

リオ五輪マラソン代表、本当の〝期待度〟は!?

リオ五輪のマラソン日本代表が決定した。日本陸連が示していたマラソン代表の編成方針は、「メダルを含む複数入賞」を目指すこと。男子は最大「3」の出場枠をすべて使わない可能性も示唆していたが、結局〝フル参戦

続きを見る

新米ライターの厳しい現実

〝ほぼ1年目ライター〟のMATSUです。今回は新米ライターの日常について、書いていこうと思います。 その前に大学を卒業してから現在までの経緯を簡単に説明しますと、まず「スポーツ誌編集専攻」がある

続きを見る

野口みずきが自己ワースト記録でも笑顔を見せた理由

2016/03/15 | マラソン

名古屋ウィメンズマラソンは、20代の田中智美(第一生命)と小原怜(天満屋)がデッドヒートを繰り広げた。リオ五輪キップをかけての大激戦。42.195㎞を走って1秒差の争いに感動した方も多いだろう。

続きを見る

リオ五輪代表に22歳の服部勇馬を選べ!

2016/03/12 | マラソン

リオ五輪の男子マラソン代表選考、最後のレースとなったびわ湖毎日マラソン(3月6日開催)。男子の部では4人が2時間9分台で競り合い、日本勢は奮闘したと思う。しかし、リオ五輪という本番を考えると、ワクワク

続きを見る

名古屋で福士のリオ五輪を脅かすランナーは現れるのか?

2016/03/11 | マラソン

すったもんだの末、福士加代子(ワコール)が欠場することで落ち着いた名古屋ウィメンズ女子マラソン。3月13日(日)のレースで、リオ五輪の女子マラソン日本代表選考会は最終決戦を迎えることになる。福士サイド

続きを見る

リオ五輪の男子マラソン選考会は危機的な低水準

2016/03/10 | マラソン

なんとなくは分かっていたが、過去の記録をまとめていたら、リオ五輪の男子マラソン代表選考会の〝レベル〟が20年前とそれほど変わらないことが判明した。 リオ五輪選考会での日本人ランキングは、トップが

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー