「 陸上競技 」 一覧

3度目の挑戦でセミファイナルに進出した安部が感じた〝世界の実力〟と今後について

400mハードルの安部孝駿(デサント)にとって、ロンドン世界選手権が今後へのターニングポイントになるかもしれない。他の日本勢が苦戦するなか、3回目の世界選手権となる安部は予選(1組)を49秒65の2着

続きを見る

箱根駅伝を諦めた男たちが手にした「成功」

キラキラした方向に引き寄せられるのは世の常かもしれない。皆が同じ方向を見ているわけではないが、世間の“人気”は偏っている。しかし、そこに才能のミスマッチが生まれることもある。本人はAで結果を残そうとが

続きを見る

8月4日開幕の「ロンドン世界陸上」、ボルトのラストランを見逃すな!

3年目ライターのMATSUです。今年は陸上ファンにとって待ちわびた〝あの〟大会が開催される年ですね。2年に1度開かれるビッグイベント……。そう、「世界陸上」です。今回は、来月ロンドンで開催される世界陸

続きを見る

「チーム・アオガク」は日本のマラソンを変えることができるのか!?

正月の箱根駅伝で3連覇を達成した青学大が次なる〝野望〟に向けて動き出している。原晋監督が「サンキュー大作戦パート2」と命名したマラソンへの挑戦だ。メディアを通じて、様々な提言をしている原監督だが、スポ

続きを見る

竹澤健介が選ぶ〝ベストレース〟と悔しい気持ち

竹澤健介が今シーズン限りの「引退」を表明した。その〝真相〟は『webスポルティーバ』に寄稿した通りだが、文字数の関係で書けなかったことを、ここに記したいと思う。 今回の取材で強く感じたのは、彼が

続きを見る

箱根から世界を走った「早稲田の 竹澤健介」が語る引退の真相

こんなに晴れやかな表情の竹澤健介を見たのは初めてかもしれない。所属する住友電工の本社(東京)を訪ねると、スーツ姿の竹澤が「ご無沙汰しております」と笑顔で現れた。 まだ30歳になったばかりの彼が、

続きを見る

ニューイヤー駅伝 「日本一」の命運を握る3人のスーパールーキー

ニューイヤー駅伝の愛称で人気を集めている全日本実業団対抗駅伝競走大会(前橋市・群馬県庁発着、100km/7区間)が1月1日の9時15分にスタートする。前回60回の節目を迎えて、今回は次なる時代への第一

続きを見る

箱根駅伝はどこに向かっていくべきなのか!? ランナーの〝経済的価値〟を考える

まもなく箱根駅伝がやってくる。今大会は「大会3連覇」&「学生駅伝3冠」を目指す青山学院大がダントツのV候補。前回2位の東洋大、同3位の駒澤大、全日本大学駅伝2位の早稲田大、同3位の山梨学院大、強力ルー

続きを見る

社会人1年目、戸田雅稀がトラックシーズンを振り返る

最初の試合から1500mで自己ベストが出るなどトラックシーズンの入りは非常に良かったと思います。しかし、6月の日本選手権はあまり調子が良くありませんでした。勝てるかどうかは展開によると思っていましたし

続きを見る

世界大会で惨敗した長距離ランナーが口にする〝言い訳〟とは?

2016/08/29 | マラソン, 陸上競技

メダルラッシュに沸いたリオ五輪だが、フィナーレを飾る男子マラソンは〝残念な感じ〟に終わった。出場したのは、佐々木悟(旭化成)、北島寿典(安川電機)、石川末廣(Honda)の3名。金メダルに輝いたエリウ

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー