「 マラソン 」 一覧

入賞を逃した3人が感じたマラソンで世界と戦うために必要なこと

ロンドン世界選手権のマラソンは日本にとって厳しい結末が待っていた。男子はケニアとエチオピアの6名以外に、2時間8分未満のタイムを持つランナーは2名のみ。「入賞」のチャンスは十分にあったが、川内優輝(埼

続きを見る

100kmを走る「ウルトラマラソン」が爆発人気の理由

日本テレビのチャリティ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』が今年も8月26~27日に放送される。しかし、その看板企画である「24時間マラソン」の挑戦者が、まだ発表されていない。例年は5月下旬から6月

続きを見る

ナイキの挑戦とマラソンの〝近未来〟『BREAKING2』で見えた人類の可能性

インターネットTV「AbemaTV」の1周年記念企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』が大きな盛り上がりを見せた。元プロボクシング世界3階級王者の亀田興毅氏に一般公募で選ばれた4人が挑むという企画だ。

続きを見る

東京五輪のマラソン代表選考「新方式」の是非 事実上の〝一発選考〟は強化となるのか!?

先日、日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン代表の選考方針を発表した。各新聞社の記事を読んだが、大手新聞社は各大会を共催していることもあり、「2枠は一発選考、1枠はタイムで選ぶ」という〝ポジティブ〟

続きを見る

ボストンで3位に食い込んだ大迫傑。その特異なキャリアと今後の可能性

冬の時代が続く日本マラソン界に〝春〟を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)がボストンを走り、2時間10分28秒で3位に食い込んだからだ。

続きを見る

ボストンを走る大迫傑。42.195kmの先にどんな〝景色〟が待っているのか!?

それはあまりにも突然の〝マラソン参戦〟宣言だった。大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)は、2月21日に自身のTwitterで「大迫、ボストンマラソン走るってよ。」とつぶやいたのだ。そのツイートだけで

続きを見る

イヤホンランナーが認識すべき危険と迷惑

おしゃれなウエアに身を包んだ女性が、イヤホンで音楽を聴きながら颯爽と駆け抜けていく──。テレビCMなどでも見かけたことのあるシーンだろう。実際にこんな感じのランナーが増えている。 株式会社アール

続きを見る

神野大地はマラソンで成功できるのか!? 取材をして感じたこと

神野大地(コニカミノルタ)をじっくり取材したのは2年ぶりのことだ。彼が「山の神」と呼ばれる前から取材をしているが、以前と比べて自信に満ち溢れている印象を受けた。それは箱根駅伝の活躍があったからではなく

続きを見る

「山の神」から「マラソンの神」へ 神野大地が明かすデビューの戦略

充実のシーズンを過ごして、青梅マラソンで30kmレースも経験。社会人2年目を迎える神野大地(コニカミノルタ)は、「マラソン練習に入っていけるだけの土台はできた」と話す。大学3年時から思い描いてきた通り

続きを見る

ルーキー神野大地の1年。「やりたかったことは85%達成できた」

箱根駅伝から数々のヒーローが飛び出したが、学生時代の輝きがまぶしすぎると、実業団ではどうしても色あせて映ってしまう。グリーンからブラックへ。新たなユニフォーム姿がすっかり定着したように見えるのは、それ

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー