「 東京五輪 」 一覧

注目を集めた大迫傑と神野大地、福岡国際マラソンで明暗をわけたもの

昔のことはわからないが、2000年以降で福岡国際マラソンのスタート・ゴールとなる平和台陸上競技場に最も多くの観衆が詰めかけたのは間違いない。特に今年は若いファンが多く、彼女たちの熱視線を集めていたのが

続きを見る

神野大地が福岡国際で初マラソンに挑戦。その〝合格ライン〟は?

青学大を卒業して、社会人2年目。箱根駅伝5区の大活躍で「山の神」と呼ばれた神野大地(コニカミノルタ)が12月3日の福岡国際で〝初マラソン〟に挑む。同大会には、川内優輝(埼玉県庁)、大迫傑(Nike O

続きを見る

桐生が「9秒台」に到達できた理由と今後の可能性

日本人スプリンターが速報タイムを「9.99」で止めたのは、バンコク・アジア大会(1998年12月)の伊東浩司以来。そのときの公式タイムは「10.00」だったが、今回は「9.98」に変わり、福井県営陸上

続きを見る

男子4×100mリレーの新・勢力地図から見えてきた日本の〝金メダル〟

劇的な展開ながら、日本はロンドン世界陸上の男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した。昨年のリオ五輪(2位)に続くメダルで、2020年の東京五輪では「金メダル」の期待が高まりつつある。果たして、その可

続きを見る

日本の男子100mに〝新時代〟到来 王者サニブラウンの可能性とは!?

誰が勝つのか!? かつてないほどのワクワク感が日本選手権の男子100m決勝には渦巻いていた。ロンドン世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破した5人のスプリンターは静かに〝勝負のとき〟を待つ。10

続きを見る

東京五輪のマラソン代表選考「新方式」の是非 事実上の〝一発選考〟は強化となるのか!?

先日、日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン代表の選考方針を発表した。各新聞社の記事を読んだが、大手新聞社は各大会を共催していることもあり、「2枠は一発選考、1枠はタイムで選ぶ」という〝ポジティブ〟

続きを見る

ボストンで3位に食い込んだ大迫傑。その特異なキャリアと今後の可能性

冬の時代が続く日本マラソン界に〝春〟を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)がボストンを走り、2時間10分28秒で3位に食い込んだからだ。

続きを見る

エースたちの早すぎる引退 箱根駅伝は選手を潰すのか!?

箱根駅伝がランナーたちをダメにしているのは!? と関係者の間では、前々から言われてきた。この春にもシューズを脱ぐヒーローたちがいる。大きなインパクトとして報道されているのが、「山の神」と呼ばれた柏原竜

続きを見る

「山の神」から「マラソンの神」へ 神野大地が明かすデビューの戦略

充実のシーズンを過ごして、青梅マラソンで30kmレースも経験。社会人2年目を迎える神野大地(コニカミノルタ)は、「マラソン練習に入っていけるだけの土台はできた」と話す。大学3年時から思い描いてきた通り

続きを見る

ルーキー神野大地の1年。「やりたかったことは85%達成できた」

箱根駅伝から数々のヒーローが飛び出したが、学生時代の輝きがまぶしすぎると、実業団ではどうしても色あせて映ってしまう。グリーンからブラックへ。新たなユニフォーム姿がすっかり定着したように見えるのは、それ

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー