「 世界陸上 」 一覧

日本の男子100mに〝新時代〟到来 王者サニブラウンの可能性とは!?

誰が勝つのか!? かつてないほどのワクワク感が日本選手権の男子100m決勝には渦巻いていた。ロンドン世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破した5人のスプリンターは静かに〝勝負のとき〟を待つ。10

続きを見る

東京五輪のマラソン代表選考「新方式」の是非 事実上の〝一発選考〟は強化となるのか!?

先日、日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン代表の選考方針を発表した。各新聞社の記事を読んだが、大手新聞社は各大会を共催していることもあり、「2枠は一発選考、1枠はタイムで選ぶ」という〝ポジティブ〟

続きを見る

なぜ東京五輪を見据えなかったのか? 世界陸上男子マラソン選考の是非

3月17日に行われたロンドン世界選手権のマラソン日本代表選手発表会見。予定時刻になっても登壇者は現れなかった。選考がもめているのか? と勝手に〝期待〟していたが、5分ほどオーバーして始まった会見はスム

続きを見る

安藤友香は金メダルまで突っ走るか!? 「脱・駅伝」スズキが見せたマラソンの可能性

マラソンシーズン中、常に暗い顔をしていた日本陸連の瀬古利彦長距離マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが“最後のレース”を終えて、ようやく笑顔を見せた。「今日は大ハッピー! 張本さんでいえば、大あっぱれ

続きを見る

箱根の「新旧エース対決」と 男子代表争いで、びわ湖マラソンが熱い!

3月5日に行われる、びわ湖毎日マラソンの注目度が急上昇している。というのも、今夏に開催されるロンドン世界選手権の男子マラソン代表争いが〝混迷〟しているからだ。男子の選考レースは4つあり、代表枠は最大3

続きを見る

高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的な弱点

東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は〝初速度〟が違っていた。3万5千人を超えるランナーたちの先頭を、アフリカ勢が圧巻のスピードで駆け抜けていく。ベルリンやロンドンなどで見られていた

続きを見る

箱根から世界を走った「早稲田の 竹澤健介」が語る引退の真相

こんなに晴れやかな表情の竹澤健介を見たのは初めてかもしれない。所属する住友電工の本社(東京)を訪ねると、スーツ姿の竹澤が「ご無沙汰しております」と笑顔で現れた。 まだ30歳になったばかりの彼が、

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー