「ファンタジー箱根駅伝」順天堂大学21世紀選抜

多くのファンを魅了する箱根駅伝。10区間217.1kmのレースには幾多の物語が詰まっている。これまでに96回もの継走が繰り広げられ、21世紀に入り、20回のレースが開催された。

伝統が積み重なるにつれて、どの大学が一番強いのか。そんな幻想に思いをはせるファンは少なくないだろう。

そこで20年近く箱根駅伝を取材してきた筆者が各大学の〝最強チーム〟を考案。「21世紀最強大学」を探るという空想(ファンタジー)を楽しんでみたい。


今回は「山の神」と呼ばれた今井正人を擁して07年に11度目の総合優勝を成し遂げた順大だ。その後は低迷時期もあったが、名門らしく個性豊かな選手が揃った。

なお「選考基準」などは以下の通り。

・チームは2001年以降に箱根駅伝を走った選手で構成。

・箱根駅伝に限らず、大学時代のベストパフォーマンスを発揮したときの走力で選ぶ。

・選手名の横は大学時代の1万mベストタイム。

 

  順天堂大学

1区岩水嘉孝(28.26.18)

2区塩尻和也(27.47.87)

3区松岡佑起(28.25.05)

4区野口英盛(29.11.38)

5区今井正人(28.57.93)

6区宮井将治(29.09.4)

7区小野裕幸(28.26.61)

8区中川拓郎(29.35.47)

9区高橋謙介(28.44.51)

10区松瀬元太(29.21.04)

補 栃木渡(28.19.89)

  松枝博輝(28.33.79)

  入船満(28.42.38)

  田中秀幸(28.45.05) 

  長門駿介(29.03.78) 

  奥田真一郎(29.23.11)


1区は2年時(00年)に1区2位、3年時に2区4位の岩水嘉孝。4年時は肺気胸で欠場したが、3000m障害で高校、大学、社会人とすべてのステージで日本一に輝いたスピードは魅力十分だ。大学卒業後、3000m障害で日本記録を樹立。同種目でオリンピックに2度、世界陸上に5度出場した。

2区は2年時に3000m障害でリオ五輪に出場して、3年時にユニバーシアード1万mで銅メダルに輝いた塩尻和也。4年連続で花の2区を担い、4年時(19年)には1時間6分45秒の日本人最高タイム(当時)をマークしている。

3区は3年時に日本インカレ1万m2位(日本人トップ)、4年時にユニバーシアード5000m銀メダルの松岡佑起を入れた。1年時から2年連続で花の2区を任され、3年時(07年)は3区で区間4位。4年時は欠場したが、社会人3年目(10年)の日本選手権5000mで優勝している。

4区は岩水らともに「クインテット」と呼ばれて黄金時代を支えた野口英盛。2年時(99年)と3年時は4区で区間賞、4年時は5区で区間賞を獲得した。

5区は「山の神」と呼ばれる大活躍を見せた今井正人。1年時は2区を任され、その後は5区で3年連続の区間賞&区間新。2年時(05年)は20.9㎞区間で区間記録を2分17秒も更新する1時間9分12秒を叩き出した。大学卒業後、マラソンで2時間7分39秒をマークしている。

6区は3年連続山下りを担った宮井将治だろう。4年時(01年)はトップでスタートを切ると、58分29秒の区間新で駆け下りて、総合優勝に貢献している。

7区は1年時(06年)に7区2位、2年時は2区を務めて総合Vを達成した小野裕幸。3年時は最長区間だった5区で途中棄権を味わったが、4年時は同区間で区間2位と奮起した。

8区は4年時(03年)に2区(1時間8分19秒/区間4位)で衝撃の14人抜きを見せた中川拓郎。3年時は8区で区間賞を獲得しており、区間記録の更新も狙えるはずだ。

9区は「復路のエース区間」に3度登場した高橋謙介。2年時(99年)は9区で区間新となる1時間9分17秒で区間賞を獲得。3年時は2区2位(1時間8分51秒)の成績を残している。

10区は4年時(07年)に優勝テープを切った松瀬元太。このときマークした1時間8分59秒の区間記録は12年間破られることがなかった。

補欠も実力者が揃った。3年時(17年)に4区区間賞の栃木渡、4年時(02年)に1区区間賞の入船満。箱根では実力を発揮できなかったが、松枝博輝は19年の日本選手権5000mを制したスピードが魅力だ。

田中秀幸は3区の順大記録保持者で、4年時(13年)に最短4区で区間賞。長門駿介は4年連続で9区を好走して、4年時(07年)は区間賞に輝いた。奥田真一郎は2年時(00年)に8区で区間賞、3年時は5区3位、4年時は2区6位という成績を残している。

残念ながら、1万mで28分30秒台の山﨑敦史と清水颯大、10区で区間賞を獲得した宮崎展仁と作田直也をメンバーに入れることができなかった。

往路はふたりの五輪ランナーに初代「山の神」。復路にも箱根路で底力を発揮したランナーたちが控えている。ポテンシャルの高いオーダーが完成した。

※『ヴィーナスポーツ』に転載