大迫傑の快進撃は、「魔法のシューズ」の デビュー戦から始まった

トラックランナーからマラソンランナーへ。5000mの日本記録保持者・大迫傑が”新たなる可能性”を示したのが、2017年4月のボストンマラソンだ。

大迫は前年の日本選手権で5000mと1万mの2冠を達成するなど、日本長距離界のエースとして君臨。同年夏のリオ五輪には1万mで出場した。そんな大迫の初マラソン挑戦は突然だった。

2017年2月の丸亀国際ハーフマラソンで、大学1年時の上尾ハーフ(U-20日本最高記録の1時間1分47秒を記録)以来、6年3カ月ぶりとなるハーフに出場。日本人トップの神野大地に9秒遅れたが、1時間1分13秒の自己ベストをマークした。そしてレースから約2週間後の2月21日に、自身のTwitterで「大迫、ボストンマラソン走るってよ。」とつぶやき、初マラソン挑戦を発表したのだ。

続きは『webスポルティーバ』で