大迫傑、独占インタビュー② 将来の陸上界に描く青写真 「日本人はまだまだ速くなれる」

東京五輪での戦い方は?

──新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京五輪は今夏開催が見送られ、来夏に延期されることになりました。日本記録保持者の大迫選手には“メダル”が期待されています。

それはうれしいことだし、メダルのチャンスがないとは思っていません。いかに自分らしいレースができるか。能力を最大限に発揮して、チャンスを拾えるレースを展開することが重要になってくると思います。

──中本健太郎選手(安川電機)はトップ集団についていかない戦略で、ロンドン五輪で6位、モスクワ世界選手権で5位に食い込んでいます。大迫選手もボストン、シカゴ、東京マラソンというメジャーレースで上位に入っていますが、これまでのように“順位”を意識したレース運びをすることで、メダルには十分近づけると思います。

そうですね。中本選手の走りを見て、そう決めたわけではありませんが、トップ・オブ・トップの選手と真っ向勝負をするのは現実的ではないと思います。

──2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)は、非公認レースでサブ2(2時間切り)を達成しました。大迫選手も「いつかは達成したい」という思いはありますか?

それもトラックと一緒(前編を参照)で、僕の力には限界があると思います。だからこそ、スクールや育成プロジェクトを立ち上げて、僕ができなかったことを後輩たちに託したい。僕が苦労して到達したところまで簡単に行けるようになれば、その先に進める選手が必ず出てきます。その可能性にチャレンジしたいです。だから、これから続く選手たちのためにも、まずは自分の限界をもっと超えていきたいし、同時に育成プロジェクトも進めていきたいと考えています。

“新しいピラミッド”を作る必要性

──育成プロジェクトについては、どのような構想を描いていますか?

ケニアにアカデミーのようなものを設立する予定です。対象は日本、もしくはアジアの高校生、大学生、若手選手。僕がここまで強くなるだけで、すごく時間がかかったし、日本人がアフリカ系の選手と対等に勝負していくのは並大抵のことではありません。僕が日本と米国で学んだこととケニアの環境を生かして、育成していきたいと考えています。

──ナイキ・オレゴン・プロジェクトの日本版というイメージでしょうか?

コンセプトは一緒だと思いますが、もっと広い視野で育成していきたいと思っています。

──日本の陸上界には“実業団”という独自のシステムがあります。実業団駅伝があるからこそ、マラソンの選手層は厚くなりましたが、記録的に突き抜ける選手が出て来ません。

実業団は企業名を広めて、ブランド力を高めるために駅伝をやっているところが大半です。大学も駅伝の取り組みが中心です。企業や大学側は駅伝での活躍を求めているので、たとえ指導者が「世界で戦うためにこんなことをしている」と言っても説得力が薄いのが実情です。また、チームが目指すものと選手が目指すものがイコールにならないと、限界が生じてしまいます。僕は“新しいピラミッド”を作る必要性を感じていて、そのための第一歩として、ケニアはすごく良い場所です。

続きは『スポーツナビ』で