大迫傑、独占インタビュー① 限界への気付きが拓いた未来

MGCへの評価は東京五輪の結果次第

──3月8日のびわ湖毎日マラソンで、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの全日程が終了し、大迫選手の東京五輪男子マラソン代表が内定しました。改めて今の気持ちを聞かせてください。

「すごくホッとした」というのが率直な気持ちです。次の目標は明確になりましたけど、そこに向けてどうやって作っていくというのは、おそらく今までと変わらないと思います。ただ、今はまだ休んでいる段階なので、コーチと具体的な話はしていません。今は休むことと、創設する大会や計画中の育成プロジェクト(4月19日掲載の後編で詳報)にプライオリティーを置いています。

──昨年9月のMGCは3位に終わりましたが、3月1日の東京マラソンは自身の記録を21秒更新する2時間5分29秒の日本記録を樹立しました。東京五輪の代表に内定するまで、重圧を感じましたか?

MGCでパッと決められず、引き延ばしてしまった。正直「長かったな」という思いはありますね。

──MGCという東京五輪の選手選考システムは、日本の陸上界にとって大きな一歩だと思います。レースも盛り上がりました。選手としてはどのように感じていますか?

日本陸連(日本陸上競技連盟)が新しいことに挑戦したのは素晴らしいことだと思います。選考基準が明確になったことは評価したいですけど、大会が盛り上がったのは選手が頑張ったからであって、出場料や賞金などまだまだ不十分なところはあります。最終的にMGCが良かったかどうかの評価は、東京五輪の結果次第ではないでしょうか。

特別なマラソントレーニングはやっていない

──東京マラソンの前には2カ月半に及ぶケニア合宿を行いました。これまでは米国・ボルダーで練習することが多かった大迫選手が、ケニア・イテンで練習した理由を教えてください。

単純に“新しい環境が必要だった”ということですね。いろいろなことにチャレンジするのは僕の性に合っているし、マンネリ化を防ぐのは大事なことです。あと、今冬のボルダーが寒かったからというのも理由のひとつです。「次もケニアに行くのか?」とよく聞かれますが、そのあたりはまだ分かりません。

──驚いたのが、ケニアに行ったのは今回が初めてだったそうですね。不安はなかったですか?

とりあえず行ってみて、しばらく滞在してから考えようと思っていました。比較的過ごしやすかったので、このままやってみようという感じでした。

──練習環境の違いは大きいと思いますが。

どうですかね。イテン(標高約2,400メートル)はボルダー(標高約1,655メートル)より標高は高いですけど、やることはそんなに変わりません。どこに行くかということよりも、何をするかが大切ですから。

続きは『スポーツナビ』で