東京マラソン上位10人が厚底 !「ナイキ一強」はどこまで続くか

新型コロナウィルスの影響で、一般ランナーの出場はなく、沿道の応援も自粛が呼びかけられた東京マラソン。例年のようなお祭り騒ぎはなかったが、日本人選手たちの激走が観る者を魅了した。なかでも圧倒的な輝きを放ったのが、日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)だ。

大迫と井上大仁(MHPS)は第1集団について、国内ではかつてない高速レースに挑戦した。大迫は22km過ぎに遅れて、30km地点は13位。井上に12秒差をつけられたが、終盤に盛り返す。32.2kmで井上らの集団に追いつくと、32.7kmでスパート。最終的には4位まで浮上して、日本新記録となる2時間5分29秒でゴールに飛び込んだ。

9月15日のマラソングランドチャンピオンシップ(以下MGC)は3位に終わり、東京五輪代表の内定を逃した大迫。MGCファイナルチャレンジ(福岡、東京、びわ湖)で「2時間5分49秒以内」で走る選手がいなければ、自身が五輪代表に内定するという立場だった。しかし、井上、設楽悠太(Honda)ら有力選手がそろう東京での〝勝負〟を選んだ。

そして、ライバルたちを撃破して、自身が持つ日本記録を21秒も塗り替えた。レース後のインタビューでは、「ずっと狙っていた大会だったので、日本記録というかたちでしたし、次につながるレースができたんじゃないかなと思います」と充実の表情を見せた。しかし、レースの思いを問われると、「MGCで3番になってから、非常に苦しい戦いだったけど……」と声を詰まらせ、涙を浮かべた。そのシーンは多くのファンの胸を熱くしたことだろう。
「4位という順位でしたけど、東京五輪に一歩近づくことができたので、良かったかなと思います」。感動を呼ぶ激走が、MGCで手にすることができなかった東京五輪を大きく引き寄せたことになる。

大迫の走りを支えていたのが、世界のマラソンを席巻しているナイキ厚底シューズの新モデル『エア ズーム アルファフライ ネクスト%』(以下、アルファフライ)だった。昨年10月にウィーンで行われた非公認レースでエリウド・キプチョゲ(ケニア)が人類初の2時間切りを果たした際に着用していたシューズの市販モデルになる。

続きは『FRIDAYデジタル』で