大一番で日本記録を塗り替えた大迫傑の巧みな戦略と鋼のメンタル

東京五輪の男子マラソン代表は残り「1枠」。プラチナチケットをめぐる戦いは、例年よりも静かな東京マラソンで繰り広げられた。大迫傑(ナイキ)、設楽悠太(Honda)、井上大仁(MHPS)。〝3強〟はそれぞれの戦略で夢の舞台を目指した。

まずはシューズ。大迫と井上はナイキ厚底シューズの新モデルである『エア ズーム アルファフライ ネクスト%』を着用。設楽は履き慣れている『ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』のピンク色をチョイスした。

勢いよく飛び出したのは、マラソンで初めてナイキの厚底シューズを履いた井上だった。迷うことなくファースト・ペースメーカーの背後についた。設楽は第2集団でのレースを選択。大迫はファーストとセカンドの間でしばらく走ると、第1集団の後方に落ち着いた。

中間点は第1集団が1時間1分58秒、第2集団が1時間2分21秒で通過する。ともに日本陸連の設定記録(2時間5分49秒)を十分に狙えるハイペースだった。

3人のなかで最初の〝異変〟は大迫に訪れる。22~23kmの1kmが2分52秒までペースが上がったこともあり、集団から遅れたのだ。しかし、大迫の戦いは終わっていなかった。むしろ、ここから〝本当の戦い〟が幕を開ける。

「前半のハーフはすごく速く感じたんです。自分のキャパシティ以上で走ってしまうと、つぶれてしまうと思ったので、25~30kmは自分のペースで走りました。その調整がうまくいったと思います」

30km通過は日本人トップの井上が1時間28分28秒、大迫は1時間28分40秒、設楽は1時間29分05秒。残り12.195kmで大迫が抜群の強さを発揮することになる。一気に前との差を詰めより、32.2kmで井上らの集団に追いついた。32.5kmでライバルの前に出ると、32.7kmでスパート。井上を突き放して、前を走る海外勢を目指して突き進んだ。

「追いついた集団のペースが少し遅かったのと、井上選手も含めてきつそうな雰囲気だったので、少しチャレンジをしてみようかなと。残り10kmありましたけど、いけるかなという手応えがありました」

続きは『THE PAGE』で