東京五輪代表最後の「1枠」は東京マラソンの〝日本新決着〟が有力

明日3月1日に開催される東京マラソンは、東京五輪の〝最終トライアル〟になると言ってもいいだろう。男子はマラソングランドチャンピオンシップ(以下MGC)で2位以内に入った中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)の代表が内定。3位の大迫傑(ナイキ)はMGCファイナルチャレンジで日本陸連の設定記録(2時間5分49秒)を突破する選手がいなければ代表内定となる。

男子のMGCファイナルチャレンジは昨年12月の福岡国際、明日の東京、3月8日のびわ湖毎日の3レース。福岡国際は日本人トップの藤本拓(トヨタ自動車)が2時間9分36秒と設定記録に届かず、びわ湖も大会記録が2時間6分13秒で設定記録を上回る可能性は低い。

チャンスがあるとすれば高速コースの東京しかない。しかも、2時間5分50秒の日本記録を保持する大迫、2年前の大会で2時間6分11秒の日本記録(当時)を打ち立てた設楽悠太(Honda)、同じく2時間6分54秒をマークした井上大仁(MHPS)の〝3強〟が激突する。他には山本憲二(マツダ)、村山謙太(旭化成)、佐藤悠基(日清食品グループ)、園田隼(黒崎播磨)、神野大地(セルソース)、堀尾謙介(トヨタ自動車)、河合代二(トーエネック)、大六野秀畝(旭化成)が国内招待選手。さらに丸亀国際ハーフマラソンで1時間0分0秒の日本記録を樹立した小椋裕介(ヤクルト)らも参戦する。

今回は海外勢も超強力で、世界歴代3位の2時間2分48秒を持つビルハヌ・レゲセ(エチオピア)を筆頭に、2時間3分台が2人、同4分台が5人。国内レースでは〝史上最強〟ともいえるメンバーがそろった。

大会側は男子のペースメーカーを2パターン準備している。ファーストは「2時間2分台」のゴールをイメージして、「1km2分55~56秒」(2時間3分04秒~3分46秒ペース)。セカンドは日本陸連の派遣設定記録を上回れるように「1km2分58秒くらい」(2時間5分11秒ペース)を予定しているという。

ザックリいうと、海外の強力選手は第1集団、日本勢は第2集団でレースを進めることを想定している。しかし、大迫、設楽、井上は第1集団でレースを進めると予想する。昨日行われたプレスカンファレンスで3人が発した言葉から東京五輪代表の〝ファイナルステージ〟を展望してみたい。

続きは『THE PAGE』で