新モデルの「アルファフライ」もOKで東京五輪はナイキ一色に染まる

2017年に本格デビューしたナイキの厚底シューズがマラソン界に革命をもたらしている。国内では2018年2月の東京で設楽悠太(Honda)が16年ぶりに男子マラソンの日本記録を更新すると、翌年10月のシカゴで大迫傑(ナイキ)が2時間5分50秒までタイムを短縮。世界記録も大幅に塗り替えられた。

2018年9月のベルリンでエリウド・キプチョゲ(ケニア)が従来の世界記録を1分18秒も更新する2時間1分39秒を樹立。昨年10月のシカゴではブリジット・コスゲイ(ケニア)が従来の女子世界記録を一気に1分21秒も短縮する2時間14分04秒をマークした。

ソールの厚さが4㎝近くある〝魔法の靴〟が登場して、男女ともに世界記録は1分20秒近くも上昇。1km毎では従来の世界記録より約1.9秒も速く走った計算になる。これは〝異常〟ともいえるタイムUPだ。

1月15日に複数の英国メディアが、ワールドアスレチックス(以下、世界陸連)が新規則でナイキの厚底シューズを禁止する可能性が高いと報じてから、世界中で様々な憶測が飛び交った。日本でも大きく取り上げられた「厚底問題」だが、1月31日に世界陸連からシューズに関するルール改定が発表された。すでに市販されているモデルは禁止されずに使用可能で、4月30日以降は新規則が適用される。主な内容は次の3つだ。

●靴底の厚さは40mmまで。
●複数のプレートを靴底に内蔵してはいけない。
●レースの4か月前から一般購入できること(医学的理由などでカスタマイズされたものは許可される)。

東京五輪のマラソン代表に内定している中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)はナイキの厚底シューズを使用しており、今回の発表にホッとしていることだろう。米国・アルバカーキ合宿に向かった中村は、「今のシューズは非常に合っているので、引き続き使っていきたい」と話している。

日本陸連の横川浩会長も、「世界陸連が専門家で構成されるワーキンググループを立ち上げ、あらゆる角度からの検証と協議を進めてきた結果、発表のルール改定に至った事は評価に値すると感じています」とコメント。世界陸連のジャッジに好印象を持っている人は多いかもしれないが、新ルールが導入されることで様々な影響が予想される。

続きは『THE PAGE』で