アシックスとミズノが〝ナイキの厚底〟に勝てない「致命的な理由」

ニューイヤー(全日本実業団)、箱根、都道府県。1月に行われた男子の主要駅伝では大会記録と区間記録が連発した。その原動力と噂されているのが「ナイキの厚底シューズ」だ。

シューズが100g軽くなると、マラソンのタイムが3分近く縮まるという研究データもあり、レース用シューズは「薄くて軽い」が常識だった。少しでも軽くすることで、エネルギー効率を高めることが優先されてきた歴史がある。

その流れのなかで、ナイキは軽量化以上に、推進力UPと着地のダメージから脚を守ることにシフトチェンジ。反発力のあるカーボンファイバープレートを、航空宇宙産業で使う特殊素材のフォームで挟むという「厚底シューズ」を完成させた。

そして2017年に本格登場した同シューズは世界のメジャーマラソンを席巻している。2018年9月のベルリンでエリウド・キプチョゲ(ケニア)が従来の世界記録を1分18秒も短縮する2時間1分39秒という驚異的なタイムを樹立。昨年10月のシカゴではブリジット・コスゲイ(ケニア)が従来の女子世界記録を1分21秒も塗り替える2時間14分04秒をマークした。

厚底シューズに「制限」の動き

マラソンに革命をもたらした〝魔法の靴〟が陸上界を大きく揺るがしている。一部から〝疑惑の目〟をかけられたこともあり、複数の英国メディアが、ワールドアスレチックス(旧国際陸連)が新規則でソールの「厚さ」を制限する可能性が高いと報じたからだ。

現在、専門家による調査が行われており、1月末に結果が公表され、3月中旬の理事会で何らかの回答が出るという。少なくとも理事会までは従来通りに使用できるし、制限されない可能性もある。

正月の箱根駅伝ではナイキの厚底シューズを着用した青学大が大会新で突っ走り、選手の着用率も8割を超えた。日本のマラソン・駅伝界ではナイキが「1強」といえる状況だが、この数年で大きく様変わりした結果になる。

続きは『現代ビジネス』で