ドーハで惨敗した男子マラソン、東京五輪に向けて何を学ぶべきか

ドーハ世界陸上の男子マラソン、日本勢は厳しい戦いが待っていた。山岸宏貴(GMOアスリーツ)が2時間16分43秒の25位、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が2時間17分59秒の29位、二岡康平(中電工)が2時間19分23秒の37位。MGCとの兼ね合いから、今回の日本代表は通常と異なるかたちとなり、下馬評は高くなかった。それでも2年前のロンドン世界陸上で入賞まで3秒差と迫った川内にとっては〝惨敗〟といえる結果だった。プロランナーとして迎えた4度目の世界陸上でワースト順位。川内に何が起きていたのか。

スタート時の気温は29.0度、湿度は49%。身体にまとわりつくような不快な湿度はなく、現地で取材をしていて体感的には涼しかった。このコンディションが川内にとってはマイナスに作用した。

「女子マラソンと競歩を見ていて、湿度が高ければ、2時間17~20分が入賞ラインになると思っていたんです。でも、今日は湿度が低かったので前が落ちてこなかった。自分は設定通りに走ったんですけど、作戦ミスでしたね」

女子マラソンの気象条件は気温32.7度、湿度73.3%。男子は川内が想定していたほどの高温多湿の環境にならず、レースは予想以上のハイペースになった。中間点はトップ集団が1時間5分56秒で通過したのに対して、川内は1時間8分22秒(52位)だった。

「当初の予定通り、最初の5kmはウォーミングアップのつもりで行ったので、キロ3分10秒ぐらいのペースに上がったときに、ついていけるような状態ではありませんでした」

川内は暑さのなかでキロ3分18~20秒で走ることしか想定しておらず、湿度が低くなったからといって、ペースを変えられる状況ではなかったという。河野匡強化委員会長距離・マラソンディレクターも「この天候に関しては全然読めなかった」と話しており、日本勢としては涼しくなったことが裏目に出たといえるだろう。

今回の優勝タイムは2時間10分40秒で、メダル獲得ラインとなる3位は2時間10分51秒、入賞ラインの8位は2時間11分49秒だった。川内は目標の「入賞」まで6分08秒もの大差をつけられたことになる。優勝したレリサ・デシサ(エチオピア)はラスト2.195kmを6分15秒で走破しており、このペースでも余力は十分にあったと考えられる。河野ディレクターは、「MGC出場資格を持つ選手が出場しても、この順位なので世界のレベルは改めて高いなと痛感しました」と話していた。

続きは『THE PAGE』で