男子4×100リレー、アジア新での3位は東京五輪の〝金〟につながるのか

ドーハ世界陸上の男子4×100mリレー。日本が〝攻めのレース〟で2大会連続の銅メダルを獲得した。予選は小池祐貴(住友電工)、白石黄良々(セレスポ)、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)の4人で、日本歴代3位タイの37秒78で2組2着。全体3番目で決勝進出を決めると、翌日のレースでは100m9秒98の小池をメンバーから外した。予選と決勝で同じメンバーを組むことがポリシーという土江寛裕・男子短距離オリンピック強化コーチからすれば、大きな決断だった。

「予選が終わって分析をして、小池君が個人種目を含めて、本来の走りができていないことが数値的にもはっきりしました。反対に多田君、ケンブリッジ君という控えの選手がベストの動きをしていたので、交代することに決めたんです」

1走のリザーブは多田修平(住友電工)で、その他の交代はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が予定されていた。多田に出場が告げられたのは14時からのミーティングだった。本番の約8時間前になる。一方、世界大会初出場となった白石は、男子200mで予選敗退したものの、400mリレー予選はサニブラウンとそん色ないタイムで走っており、続けて起用された。

決勝は多田、白石、桐生、サニブラウンというオーダーで挑戦。圧倒的な走力を誇る米国に遅れをとったが、お家芸のアンダーハンドパスでしっかりとバトンをつなぐ。そして3走・桐生で2位争いまで浮上。最後はサニブラウンが英国と競り合うようにゴールを駆け抜けた。

優勝は米国で37秒10、2位は英国で37秒36。日本は目標にしていた日本記録(37秒60)を更新する37秒43で3位に入った。ブラジルが37秒72で、上位4カ国がそれぞれのエリア記録を塗り替えた。

レース後、日本に2大会連続の銅メダルをもたらした4人はこんな感想を口にしている。

続きは『THE PAGE』で