予選3着通過のサニブラウンは男子100mで日本人初のファイナリストになれるのか?

9月27日にドーハ世界陸上が開幕した。大会初日には男子100m予選(6組3着+6)が行われ、日本勢は〝9秒台トリオ〟が出場した。大きな期待を集めていた3人だが、予選からハードな戦いになった。

桐生祥秀(日本生命)は4組で10秒18(-0.3)の4着、小池祐貴(住友電工)は5組で10秒21(-0.3)の4着、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)は10秒09(+0.1)で3着。サニブラウンは着順で通過したものの、桐生と小池は着順では通過できず、プラスで拾われた。

男子100mは大会初日の18時05分に予選、大会2日の18時45分に準決勝、同22時15分に決勝というスケジュール。桐生と小池は準決勝にピークが来るように調整をしているが、予選の走りを見る限り、準決勝の突破は簡単ではないだろう。

決勝への期待が最も高いのは9秒97の日本記録を持つサニブラウンだ。2年前のロンドン世界陸上は予選2組を10秒05(-0.6)でトップ通過しながら、準決勝は10秒28(-0.2)で7着。スタート直後にバランスを崩して、大きく出遅れた。レース後には、「盛大にやらかしました」と悔しそうな顔を見せていたのが印象的だった。

今回はというと、予選は10秒09(+0.1)の3着通過で、前回ほどのインパクトはない。9秒79の自己ベストを持つ優勝候補のクリスチャン・コールマン(米国)と同じ組に入り、隣のレーンになった。どこまで戦えるのか? 楽しみながらスタジアムで観戦したが、60m世界記録保持者に序盤で大差をつけられ完敗した。

ミックスゾーンに現れたサニブラウンは、「予選はあまり何も考えず、とりあえず通ればいいかなと」と話した。コールマンに対しても、「普通にスタートが速い選手なので特に気にせず、いないものだと思って走りました」と笑い飛ばした。

タイムについては、「適当に走ったわりにはいいんじゃないですか」とあまり気にしていない様子。世界選手権の舞台に立っている20歳の大学生とは思えないくらいの風格が漂っていた。「調子はいいと思うので、準決勝で調子を上げて、決勝でもいい走りができればなという感じですね」とサニブラウン。彼はまだまだ本気を出していない。

続きは『THE PAGE』で