旧帝大卒の勉強エリートが東京五輪の女子マラソン代表になれた理由

9月15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(以下、MGC)で、東京五輪の男女マラソン日本代表4人が内定した。そのなかで異質な輝きを放つ選手がいる。女子のレースで2位に入った鈴木亜由子(日本郵政グループ)だ。

優勝した前田穂南(天満屋)が20km過ぎに抜け出したレース。鈴木は単独2位をキープして、終盤は〝笑顔〟で駆け抜けた。40km地点で33秒差あった3位の小原怜(天満屋)に最後は4秒差まで猛追されたが、2時間29分02秒の2位でフィニッシュ。「2位以内」という内定条件を満たして、東京五輪を引き寄せた。

「まずは2位を確保できてホッとした気持ちです。笑っているように見えたかもしれませんが、私は苦しくなると口角が上がるんですよ。笑っているときは苦しいんだなと思ってください」

鈴木はレース後の会見でこう話し、メディア関係者も笑顔にさせた。

MGCは東京五輪のキップがかかるだけでなく、現在の日本における最高峰のレース。男子は34人、女子は15人がハイレベルな基準をクリアして出場資格を得た。そしてMGCファイナリストの「学歴」を見ると、日本陸上界、スポーツ界の縮図が見えてくる。

男子は大卒が31人で高卒が3人。出身校でいうと東洋大が最多5人で、青山学院大が4人、駒大が3人。東海大、上武大、国士館大、拓殖大が2人。早稲田大、京都産業大、日本大、山梨学大、明治大、中央大、順天堂大、麗澤大、國學院大、神奈川大、学習院大が各1人となる。

公務員ランナーからプロランナーに転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は学習院大卒だが、他は箱根駅伝の上位校をはじめ駅伝の強豪校ばかり。高卒は1割ほどしかいない。これが女子になると一変する。

女子は高卒が13人で大卒が2人。大卒のひとりは前田彩里(ダイハツ)で駅伝の強豪・佛教大だ。もうひとりが鈴木で名古屋大になる。

名古屋大は「旧帝大」のひとつで、中京圏だけでなく、全国から優秀な学生が集まる名門校だ。しかも鈴木は愛知県の公立進学校・時習館高の出身で、愛知県の人なら「超エリート」と評価される学歴だ。

それが今は東京で実業団生活を送る。

続きは『PRESIDENT Online』で

ちなみに鈴木亜由子もナイキの厚底シューズを履いていました!