ワクワクするMGC男子、どんなレース展開が誰に有利なのか

東京五輪のマラソン日本代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が9月15日に開催される。

そこで「2位以内」になれば、そのふたりが東京五輪代表に即内定。残る3人目の代表は、今冬に実施されるMGCファイナルチャレンジ(男子は福岡国際、東京、びわ湖)で、派遣設定記録(男子は2時間5分49秒)をクリアした中で最速タイムを持つ選手が内定し、派遣設定記録を突破したものがいない場合はMGCで「3位」のランナーが選ばれる。

男子はハイレベルな参加基準を満たした30名が出場予定だ。実力では2時間5分50秒の日本記録を保持する大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)と、前日本記録保持者で2時間6分11秒のタイムを持つ設楽悠太(Honda)が抜けている。

さらに、2時間6分54秒(日本歴代5位)が自己ベストの井上大仁(MHPS)は、昨夏のジャカルタ・アジア大会で日本人として32年ぶりに優勝。暑さのレースでも結果を残した。MGCでは、大迫、設楽、井上が“3強”といえる存在だ。

ペースメーカー不在のレースはどんな戦いになるのか。

続きは『webスポルティーバ』で