厚底ナイキが次に仕掛ける「ビーズ靴」が向く人

毎年2月に行われる「東京マラソン」は、1万6200円の参加料が必要だが、ここ数年は40万人以上がエントリーするほどの人気だ。走ることのイメージは、「苦しい」から「楽しい」に大きく変わったといえるだろう。

そうしたマラソンのイメージチェンジに貢献したもののひとつが「ランニングシューズ」の進化だ。各メーカーはソールなどの新機能を競うように開発している。

特に直近でユーザーに衝撃を与えたのが、ナイキが8月15日に発売した「ジョイライド ラン フライニット」(税別1万8000円)というモデルだ。この靴のソールは4つのポッド(袋)で構成されており、その中に色鮮やかな小さなビーズが入っている。その数は約1万個(メンズ28cmで片足約1万1000個、ウィメンズの25cmで片足約9000個)。ビーズは目に見えるので、デザインにはインパクトがある。しかも高い機能性もあるのだ。

ビーズの大きさは約1mm程度。ゴムの性質を持つ熱可塑性樹脂であるTPE(サーモプラスチック・エラストマー)という素材でできており、着地時のエネルギーリターンに優れている。ポッド内でビーズが動くため、走るほどにビーズが足の形に変化して、個々の足にカスタマイズされていくという。

「ジョイライド ラン フライニット」の発表会は韓国で行われ、ソウルの街を駆け抜けるランニングセッションも実施された。新シューズに足を入れると、何やら前足部に今までのシューズになかった感触を抱く。最初こそ驚いたが、走っているうちにビーズが足になじんでいき、心地よいクッション性を楽しむことができた。

ランニングシューズの売り場は、「フルマラソン3時間以内」「同3時間半以内」「同4時間以内」「同5時間以内」といったようにフルマラソンの走破タイムで分類されていることが多い。「タイム=走力」という考え方で、そのタイムで走るためのスピード(ペース)に適したシューズを紹介しているわけだ。

ナイキは、こうした「タイム=走力」によるカテゴリー分けではなく、「フリー」「ズーム」「リアクト」という3つのシリーズを設けている。順番に、STRONG(鍛える)、FAST(スピード)、LONG(長距離)に向いたラインナップだ。前出の新シューズはそれらとは異なる「ジョイライド」(EASY・快適)という4つめのカテゴリーとなる。

続きは『PRESIDENT Online』で